補助金申請について

最終更新日:2019年5月10日

受付日:平成30年5月8日 年代50代

ご意見

 補助金申請の仕方について、職員の方の対応があまりにも悪かったので連絡させていただきました。
 4月7日(土曜)白根学習館において、自治会長研修会と称して新任の自治会長・町内会長を集めて研修が行われましたが、その席で渡されない資料を基に補助金の対象にならないといわれました。窓口において常備されている(必要な方には配布とのことですが、説明はありませんでした。)そうです。職員の皆様にとっては、常識かもしれないですが、新任の者にとっては、何もかも初めての経験であり、わからないことばかりの中で行っていることばかりです。そんな中でも、時間を作って渡された資料に目を通して、補助金申請書を作り、事前協議も行い、手順をしっかり踏んだつもりでしたが、渡されもしない資料、事前協議でも教えていただけずに、見たこともない資料に記載されているから駄目ですでは、市役所の不親切さが丸見えじゃないですか。
 せっかく忙しい中、集められた自治会長研修で手渡されもしない資料にのり、話を進めるんであれば、資料をなぜ、皆さんに配布しなかったのか?すごく疑問に感じます。
 市長に問います。こんな窓ロ(電話)対応をしていていいものですか?

回答

 このたびは、地域清掃活動費等補助金の補助対象外の経費に関して、担当職員が(手紙の差出者)様のお持ちでない資料(ボランティア清掃ガイドブック)を基に、不十分な説明を行ったことで、ご不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
 また(手紙の差出者)様からは、書類提出前からご相談をいただいていたにもかかわらず、担当職員の職務知識の不足により、提出後に書類の修正などのご負担をおかけしてしまい、重ねてお詫びを申し上げます。
 職員が窓口業務に従事するにあたっては、お客様の話を十分にお伺いし、迅速丁寧かつ正確な対応を行うため、必要な職務知識を習得するよう、日頃より指導しておりますが、このたびのことを受けて、あらためて職員の指導を徹底するよう、所管する区民生活課長に対して指示いたしました。
 なお、先般の南区自治会長研修会では、在庫が少なかったこともあり、ボランティア清掃ガイドブックを配布できませんでした。当日説明の中で、一部わかりにくい部分もあったようですので、参加者の皆様にわかりやすくお伝えできるよう、来年度の研修会に向けて、説明内容・方法について改善を図っていきます。
 いただいたご指摘を踏まえて、市民の皆様が窓ロサーピスを快適にご利用いただけるよう、あらためて職員の資質の向上に努めてまいります。

 お手紙ありがとうございました。

回答日:平成30年5月22日
担当:区民生活課

このページの作成担当

南区役所 地域総務課

〒950-1292 新潟市南区白根1235番地

電話:025-372-6621

FAX:025-373-2385

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ