大久保の神楽 神明神社(大久保50)

最終更新日:2019年8月12日

大久保(おおくぼ)の神楽

岡方の中央に位置する大久保は、倉島家の2代目が承応元年(1652年)新発田藩に新田開発を願い出て、明暦3年(1657年)に開発免許状を与えられ、新田開発を始めたと伝えられています。(つづきはマップの下にあります。)

大久保1(イメージ)

大久保2(イメージ)

大久保3(イメージ)

岡方の中央に位置する大久保は、倉島家の2代目が承応元年(1652年)新発田藩に新田開発を願い出て、明暦3年(1657年)に開発免許状を与えられ、新田開発を始めたと伝えられています。
 神楽の始まりは不明ですが、開拓の歴史から太子堂から伝承されたのではないかと言われています。平成の初め頃30年振りに復活し、神明宮の屋根の葺き替え時に奉納したとのことです。また、舞いの内容は太子堂の神楽に似ているとのことで、復活の時も太子堂や大瀬柳の神楽から指導を受けたそうです。

北区の秋まつり日程一覧または神楽マップ一覧表へ戻るリンク

このページの作成担当

北区郷土博物館

〒950-3322 新潟県新潟市北区嘉山3452番地

電話:025-386-1081

FAX:025-388-6290

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ