新潟市教育旅行プログラム

最終更新日:2022年5月23日

SDGsを学べる新潟市教育旅行プログラムを作成しました

 新潟市新しい観光スタイル推進協議会では、学研グループ(株式会社地球の歩き方、アイ・シー・ネット株式会社)の協力のもと、修学旅行等で活用できる体験プログラムを作成しました。
 当プログラムでは新学習指導要領に対応した主体的・対話的な深い学びを提供できる事前・事後学習を含み、SDGsの目標達成に寄与する内容となっています。
 新潟市に教育旅行を検討している学校関係者・旅行会社の方は是非、ご覧ください。

各プログラム詳細

新潟市教育旅行プログラムの一部だけでも利用できます

新潟市教育旅行プログラムについて、教育的価値を失わずに1日もしくは半日で体験出きるコースをご用意しました。3泊4日滞在しない場合はこちらもご参照ください。

こちらもご活用いただけます「新潟市教育旅行体験メニュー」

上記の新潟市教育旅行プログラム以外にも、新潟市内の施設や企業で体験できる教育旅行プログラムがあります。
詳しくは新潟市教育旅行体験メニューをご覧ください。

新潟市教育旅行プログラム等利用促進補助金

制度について

新潟市教育旅行プログラム及び新潟市教育旅行体験メニューの利用料金(税別)の2分の1を補助する制度です。申請にあたっては、要領などをよくご確認のうえ、申請していただきますようお願いいたします。

対象団体

学校(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校、専修学校(ただし、高等課程のみとする。))または、旅行業法第3条の登録を受けた旅行会社が対象です。

利用条件

補助対象経費について、国または他の地方公共団体等から補助金等の交付を受けていないこと。
・学校が学校行事として実施する教育旅行(修学旅行等)であること。
・新潟市教育旅行プログラム及び新潟市教育旅行体験メニュー利用後に指定するアンケートに回答し、
 提出すること。
※旅行会社が申請者の場合、旅行会社と学校、両方のアンケートの提出が必要です。
・市税の未納がないこと。
・暴力団又は暴力団員及びその関係者でないこと。

補助対象経費・補助額(補助率)と上限額

新潟市教育旅行プログラム及び新潟市教育旅行体験メニューの利用料金(税別)の2分の1(上限額:生徒1人当たり、10000円)

注意事項

・新潟市教育旅行プログラムの利用料金は事務局までお問い合わせください。(メール:inbound@city.niigata.lg.jp
補助対象経費に消費税は含まれません。消費税額を除いた額を申請してください。
・公民館、水族館など新潟市所有の施設利用料は補助対象経費に含まれません。
・補助額は千円未満切り捨てとします。
・実績報告書の提出後の支払いになります。

申請から補助金交付までの流れ

申請時に提出する書類

プログラム等利用後に提出する書類

申請・実績報告書の提出先

新潟市新しい観光スタイル推進協議会(新潟市観光推進課)の以下のアドレスにメールで提出
inbound@city.niigata.lg.jp
申請書の提出締切は令和4年11月30日(水曜)まで

制度関係書類一式

このページの作成担当

観光・国際交流部 観光推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)

電話:025-226-2612

FAX:025-228-6188

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ