国指定史跡 新津油田金津鉱場跡

最終更新日:2019年8月9日

国指定史跡新津油田金津鉱場跡について

C7号井櫓の写真 C7号井櫓

指定名称

新津油田金津鉱場跡

種別

史跡

指定年月日

平成30年10月15日(文部科学省告示第189号)

面積

78,639.41平方メートル

概要

水切り計量タンクの写真 水切り計量タンク

 明治7年(1874)から平成8年(1996)まで操業が継続した、近現代の石油の採掘・精製に関わる施設です。鉱場跡は新潟市中心部の南方約15キロメートルに広がる新津丘陵の一角に所在しています。同丘陵一帯では江戸時代既に採油事業が行われていましたが、幕末に名主職と採油業を受け継いだ中野貫一(弘化3年<1846>~昭和31928>)が、日本坑法に基づく採掘権を得て採油を始めました。当初は手掘りでしたが、その後、上総掘り、綱式機械掘りを採用して事業を軌道に乗せました。明治40年(1907)頃、ポンピングパワー方式を導入して採油事業を拡大し、日本石油・宝田石油といった大手企業に次ぐ産油規模になりました。

ポンピングパワーの写真 ポンピングパワー

 鉱場跡には、上総掘り井戸、機械掘り井戸といった油井遺構をはじめ、採油の動力源であるポンピングパワー(大正7年)及び上屋(大正9年)が現存しています。そのほか、動力を伝える継転機、集油所(明治40年頃)、送油所(大正6年)、各種タンク、加熱炉(昭和43年頃)、濾過池、旧木工所(大正13年頃)等が残っています。我が国を代表する新津油田の一翼を担い、約120年間操業を継続した施設で、採油から精製までの一連のシステムが良好に残っています。我が国近代のエネルギー産業の発展を知る上で重要であることなどから、平成30年10月15日に史跡として指定されました。

旧新津油田金津鉱場残存遺構

残存遺構一覧

残存遺構の写真

集油タンクの写真 集油タンク

C39号井ブルホイルの写真 C39号井ブルホイル

C87号井ポンピングジャックの写真 C87号井ポンピングジャック

加熱炉の写真 加熱炉

C3号井と泥溜の写真 C3号井と泥溜

5号継転機の写真 5号継転機

周辺案内マップ

所在地など

所在地

新潟市秋葉区金津字居村599番1 ほか

連絡先

電話:0250-25-5673(秋葉区役所地域総務課)

関連リンク

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-226-0013
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-226-0013
歴史資料、市史に関すること 電話:025-385-4290 FAX:025-383-2262
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ