味わい豊かな食の宝庫

最終更新日:2014年9月9日

四季折々の食材 恵まれた農水産物が市民の生活を豊かに

新潟の新鮮で良質な農水産物は、市民の豊かな食生活にも結びついています。

春の食 トマト、ふなべた、越後姫(イチゴ)、さくらます

夏の食 くろさき茶豆、にいがた十全なす、あまだい、やきなす

秋の食 なし、かきのもと(食用菊)、だいこん、ねぎ

冬の食 南蛮えび、ルレクチェ、のどぐろ、女池菜

新潟市産「米」:人と環境にやさしいコシヒカリ

キラキラ・コシヒカリ キラキラ・コシヒカリ

JA新潟市では化学肥料・農薬を減らした「人と環境にやさしいコシヒカリ」の栽培に取り組んでいます。
肥料は有機質系のものを使用し、農薬も種類と回数を抑え、肥料の化学成分・農薬の成分数とも従来の新潟地域にて栽培方法の半分以下に抑えて作ったお米です。
そのため手間はかかるものの、生産から調整まで丁寧に管理され、検査等級1等になったコシヒカリのみがキラキラ・コシヒカリとして販売されます。
この安全・安心なコシヒカリは、学校給食にも利用されるようになり、市内の小学生にも親しまれています。

新潟地酒「淡麗辛口」

米、水、気候、風土などおいしい酒づくりの条件がそろう新潟市内には、15軒の蔵元が立地しています。
よく「淡麗辛口」と表現される新潟の酒は、料理と全体が調和するような深い味わいを持つのが特徴です。そんな銘酒の数々は、ほとんどの飲食店で楽しめる他、お土産として買い求めることもできます。

新潟の日本酒

新潟の日本酒イメージ

新潟の酒蔵へ

このページの作成担当

経済部 企業誘致課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館3階)

電話:025-226-1689

FAX:025-228-2277

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ