このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

-画業50年のあゆみ- 黒井健 絵本原画展

最終更新日:2022年8月23日

会期 2022年10月29日(土曜)から12月25日(日曜)

※月曜休館(11月21日、12月19日は開館)

-画業50年のあゆみ- 黒井健 絵本原画展

 新潟市出身の絵本画家・黒井健(1947~)の画業50周年を記念する個展を開催します。
 新潟大学教育学部を卒業した黒井は東京の出版社で絵本の編集に携わったのち、イラストレーターとして独立。1976年に初めての絵本『あめってあめ』(矢崎節夫・作)を出版して以降、新美南吉の『ごんぎつね』や『手ぶくろを買いに』、宮沢賢治の『猫の事務所』、間所ひさこの「ころわん」シリーズなど300冊以上の児童文学や絵本の挿絵を描き続けています。またイラストだけでなく自ら文章を書いた『ミシシッピ』、『雲へ』などの絵本も出版。さらに2007年には中越地震からの復興支援を目的に、黒井がイラストを描き長岡市出身の星野知子がエッセーを添えた『ふる里へ』を発行するなど、新潟にゆかりの深い作家としても活躍しています。
 本展ではこうした代表作のほか、初期に手掛けた貴重なカットから、子どもの創造力とは何かを問いかけ話題となった『まっくろ』(高崎卓馬・作)など新作絵本の原画まで、約230点により黒井健の世界の魅力に迫ります。見る者の心をやさしく包む原画の数々をお楽しみください。

展覧会の概要
会期

2022年10月29日(土曜)から12月25日(日曜)

休館日

月曜日(ただし11月21日、12月19日は開館)

開館時間

午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時30分まで)

観覧料

当日券 一般1,000円 大学・高校生800円 中学生以下無料
※大学・高校生料金は学生証をご提示ください
※有料20名以上は団体料金で2割引
※新潟県立植物園および新潟市新津鉄道資料館の入館券を持参の方は2割引*
※2022年4月以降の新潟市美術館の企画展観覧券を持参の方は2割引(あっちも割)*
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料(手帳をご提示ください)
※障がい者、教育・保育活動などの観覧料の免除について
※2度目はオトク!リピーター割引(本展チケット半券のご提示で、2度目の-画業50年のあゆみ- 黒井健 絵本原画展が2割引きでご覧いただけます)
*1枚につき1回限り1年間有効

前売券

前売券 一般800円(一般のみ)
8月20日(土曜)から10月28日(金曜)まで下記の取扱所で販売します。
電子チケット(前売券のみ)/8月20日(土曜)10時から販売開始。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。専用サイト(外部サイト)(アソビュー!)でご購入いただいたチケット画面を当日受付にてご提示いただきます。
前売券取扱所
セブン-イレブン(セブンコード:096-972)、インフォメーションセンターえん(メディアシップ1F)、新潟伊勢丹、シネ・ウインド、新潟市美術館、新潟市新津美術館

※NIC新潟日報販売店でもお取り寄せできます。
主催 新潟市新津美術館、新潟日報社、TeNYテレビ新潟
協力

黒井健絵本ハウス、新潟市立中央図書館

協賛 日佑電子株式会社
企画制作 オフィス渋谷
あいてマンデー!

月曜日でも開館します。今回は、11月21日(月曜)と12月19日(月曜)です。

こどもタイム

親子で会話を楽しみながら鑑賞できます。
日時:会期中の第1・第3の木曜日 午前10時から午後1時(11月3日・17日、12月1日・15日)

関連事業

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実施を見合わせる場合があります。
※感染症対策のため、イベント参加の際には氏名・住所・電話番号の提供をお願いいたします。

黒井健 サイン会

日時 10月29日(土曜)午前11時から/午後2時から(各回1時間)
会場 新津美術館市民ギャラリー
定員 各回50名
参加費 無料(お一人様一冊、当館ミュージアムショップでご購入いただいた絵本にサインします)
※要事前申込(応募多数の場合抽選。当選者には10月22日(土曜)頃、メール通知予定。)
申込期間 8月20日(土曜)から10月16日(日曜)まで
申込方法 下記のお申込みフォームからお申込みください
午前11時からの部「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市かんたん申込み(外部サイト)
午後2時からの部 「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市かんたん申込み(外部サイト)

担当学芸員によるスライドトーク

展覧会担当学芸員が、展示の見どころをわかりやすく紹介します。
日時 11月19日(土曜)、12月4日(日曜)午後2時から(各回30分程度)
会場 新津美術館市民ギャラリー
定員 50名
※事前申込不要、参加無料

TeNYアナウンサーによる絵本の読み聞かせ

読み手 TeNYテレビ新潟アナウンサー 松本 亜美
日時 12月10日(土曜) 午前11時から、午後1時30分から(各回30分程度)
会場 新津美術館市民ギャラリー
定員 各回50名
※事前申込不要、参加無料

かんたん絵本づくりワークショップ

講師 新津美術館学芸員
日時 12月17日(土曜)午後1時30分から(2時間程度)
会場 新津美術館市民ギャラリー
参加費 300円(材料費)
対象年齢 小学3年生以下は保護者同伴(子と大人で一冊作成)。小学4年生以上は一人一冊作成。
定員 10名
※要事前申込(応募多数の場合抽選。当選者には12月10日(土曜)頃、メール通知予定。)
申込期間 8月20日(土曜)から12月4日(日曜)まで
申込方法 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市かんたん申込み(外部サイト)」からお申込みください。

関連書籍の特集展示

新潟市立中央図書館で子ども図書館名誉館長を務める黒井健。関連する書籍を特集展示します。
展示期間 10月7日(金曜)から11月2日(水曜)
会場  新潟市立中央図書館(ほんぽーと)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 新津美術館
〒956-0846 新潟市秋葉区蒲ヶ沢109番地1
電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新津美術館
新潟市秋葉区蒲ヶ沢109番地1
電話:0250-25-1300

新着情報

カフェ、ショップ、通信販売

授業でご利用の方へ(教育、保育活動など)

障がいのある方へ

家族で楽しむために(無料託児サービスなど)

周辺の施設

お知らせ一覧

よくある質問

新津美術館公式ソーシャルメディア

新規ウィンドウで開きます。新潟市美術館(外部サイト)

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ヶ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
© 2017 Niitsu Art Museum.
フッターここまでこのページのトップに戻る