このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 展覧会
  • 常設展
  • コンサート
  • イベント
  • 市民ギャラリー
  • 施設ご利用案内
  • 交通案内
  • 美術館について
サイトメニューここまで


本文ここから

美術館について

新潟市新津美術館

〒956-0846 
新潟県新潟市秋葉区蒲ヶ沢109番地1 花と遺跡のふるさと公園内 (新潟県立植物園となり)
TEL:0250-25-1300
FAX:0250-25-1303
MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp

開館日:1997(平成9)年10月1日
施設:展示室1、展示室2、アトリウム、レクチャールーム、市民ギャラリー、野外劇場、カフェ
設備:車イス対応トイレ、ベビーシート(トイレ内)、100円返却式コインロッカー
無料貸出し:ベビーカー、車イス
無料駐車場:170台(大型バスは県立植物園駐車場に3台駐車可能)

美術館概要

 新潟市新津美術館は、1997(平成9)年10月1日に新津市美術館として開館いたしました。「花と遺跡のふるさと公園」内に立地し、新潟県立植物園や古津八幡山古墳などと隣接しています。
 開館当初は旧新津市のもとに管理運営が行われていましたが、2005(平成17)年に新潟市との市町村合併によって名称を「新潟市新津美術館」と改め、2006(平成18)年4月1日からは新潟市の直営として運営を行っております。
 鉄道の要衝として発展してきた新津に建つ当館の正面玄関は、ラッセル車(線路を除雪する電車車両)のデザインをモチーフにしています。ロビーから広がる白い大理石の階段状のアトリウムは、ロゴマークにも用いられ、当館のシンボルとなっています。
 2階には450平方メートルほどの展示室が2室あり、日本画や洋画など近現代の絵画、彫刻や写真、絵本原画、漫画やアニメーションなど、多様な展覧会を開催しています。アトリウムでは、インスタレーションによる展示のほか、音響効果を生かしたミュージアムコンサートなど個性的なイベントも行っております。
 2010(平成22)年には、収蔵品の多くを占める地元出身の洋画家・笹岡了一の油彩画を中心とした常設展示を設け、2011(平成23)年5月25日に博物館相当施設となりました。


新津美術館外観


アトリウム

本文ここまで

以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
Copyright(C)2012 Niitsu Art Museum. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る