このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 区について
  • 区役所・業務案内
  • くらしに関する情報
  • 施設案内
  • 区の取り組み
サイトメニューここまで


本文ここから

区バス(レインボーバス)

更新日:2017年8月2日

区バス(レインボーバス)

区バス車両

平成28年度より、区バス存続要件である収支率の算定方法が、地域の実情に応じ全市的に見直しが行われました。バス営業所からの回送距離、バス停間隔の長さ、区の面積などを基に、補正した上で収支率が算定されます。南区区バスにおいては、区内の企業・団体の皆様から広告収入をいただくことで、全ルートで存続要件の収支率30%を上回ることができたため、社会実験運行から本格運行に移行しました。

区バスのお問合せ先

南区地域課(企画・地域振興担当) 電話:025-372-6605
新潟交通観光バス株式会社 電話:0256-86-3355

平成29年度区バス社会実験まちなか循環ルート「ぐるりん号」の運行

「ぐるりん号」は、区中心部のバス経路のあり方検討を目的とした社会実験ルートで、区中心部の病院・商業施設・公共施設等をぐるりと結びます。日中の通院や買い物で移動する人が多い時間帯に、1日9便(平日のみ)運行します。まちなかでのちょっとした移動にぜひご利用ください。

運賃 大人200円 高校生100円 小学生50円
・均一運賃です。小学生未満は無料です。
・運転経歴証明書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示で運賃半額になります。
(10円未満の端数は切り上げ)
・「ぐるりん号」はシニア半わり対象路線です。

運行本数 1日9便
運行期間 平成29年4月3日(月曜)~平成30年3月30日(金曜)
運行日 月曜日~金曜日 ※土日、祝日、平成29年12月29日から平成30年1月3日までは運休します。

H28年度社会実験結果

平成28年度区バス利用者数全体では、昨年度比で約1パーセント(220人)減少しました。利用者の区分別でみると、大人利用者は、約2%(166人)増加したものの、中高生利用者は、約3%(298人)、小学生利用者が、約1.6%(88人)減少しました。収支率算定方法の見直しにより、平成28年度より全ルート本格運行へと移行しました。

平成28年度ルート別区バス利用者数
  北部 大鷲 白根・
さつき野駅
新飯田・
茨曽根
庄瀬 東部 合計
大人 2,145 310 705 2,920 2,087 287 8,454
中高生 630 199 4,460 0 4 4,545 9,838
小学生 1,489 3,928 1 9 16 0 5,443
利用者数
合計
4,264 4,437 5,166 2,929 2,107 4,832 23,735
(前年度比) (-871) (+186) (-1,026) (+371) (+64) (+1,056) (-220)

区バス収支率改善と利用啓発の取り組み

区バスPRと情報発信による利用啓発活動

南区自治協議会と協働で区バス利用啓発活動を行っています。これまでイベント会場での区バス車両展示やバス車内絵画展示、ラッピングバス作成、公共交通完全ガイドの発行などを行い、本活動をきっかけとした区バス情報発信を行っています。また、南区だより紙面で公共交通コーナーを連載して情報発信と区バス利用の呼びかけを継続して行っています。

区バス広告収入の獲得

区バス収支率は、運行経費に対する運賃収入及び広告収入の比率で算出することから、広告収入の獲得は収支率改善のためとても大切です。現在、区内の企業や店舗、医院など合計28団体から区バス広告を掲出いただいています。

区バス協賛広告

区バス広告募集のお知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

南区役所 地域課
〒950-1292 新潟市南区白根1235番地
電話:025-372-6621 FAX:025-373-2385

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

大地の恵みと伝統・文化にはぐくまれた 郷土愛にあふれる、いきいきと暮らせるまち 南区

〒950-1292 新潟市南区白根1235番地 新潟市 南区役所 電話 025-373-1000(代表)
Copyright(C) Minami Ward, Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る