このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

多量排出事業者の責務「廃棄物の排出抑制と減量計画」

最終更新日:2019年4月4日

(お知らせ)法改正に伴う電子マニフェスト登録の一部義務化について

前々年度の特別管理産業廃棄物の排出量が50トン以上の事業場を設置する特別管理産業廃棄物の多量排出事業者(PCB廃棄物は除く)が、電子マニフェスト使用義務者となります。また、電子マニフェスト使用義務者から、当該義務のかかる特別管理産業廃棄物の処理を受託した電子マニフェスト導入済の収集運搬業者・処分業者にも使用義務がかかることになります。
具体的には、

  • 特管産廃排出量、年間80トンのうち、PCB廃棄物以外が年間75トンの場合は、電子マニフェスト使用義務者となります。
  • 特管産廃排出量、年間80トンのうち、PCB廃棄物以外が年間40トンの場合は、電子マニフェスト使用義務対象外となります。

なお、下記のように、電子マニフェストの登録が著しく困難な場合は、紙マニフェストの交付が認められています。

  • インターネット回線の接続不具合・長期停電等
  • 離島内等で電子マニフェストを使用する処理業者が存在しない場合かつ緊急に処理を行う場合等
  • 常勤職員が平成31年3月31日において全員65歳以上で、義務対象者の回線が情報処理センターと接続されていない場合等

施行までのスケジュール

  • 平成30年度は、特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物除く)の排出量の把握
  • 平成31年度(新様式)は、処理計画の作成・提出(電子マニフェスト使用義務者は、JWNETへの加入・電子マニフェスト対応業者との契約等を行うこととなります)
  • 平成32年度(新様式)施行

多量排出事業者の責務

廃棄物処理法では、事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物を再生利用等を行うことにより減量に努めるとともに、適正な処理の確保等に関し国及び新潟県・新潟市などの地方公共団体の施策に協力することが義務付けられています。多量排出事業者(前年度の産業廃棄物の発生量が1,000トン以上または特別管理産業廃棄物の発生量が50トン以上ある事業場を設置している事業者)は、「減量計画書」を市長に提出しなければなりません。

対象事業者

  • 産業廃棄物…前年度の発生量1,000トン以上
  • 特別管理産業廃棄物…前年度の発生量50トン以上
  • 廃棄物は、新潟市内の事業場で発生したものが対象となります。

計画の策定内容

  • 事業場において行っている事業の概要
  • 計画期間
  • 管理体制
  • 産業廃棄物の排出抑制、分別、再生、処理ほか

計画書の提出(各年度の6月30日まで)

計画書様式、添付書類、提出期限などは、リンク先の「申請・届出の総合窓口」に掲載しています。

報告書の提出(計画に基づいた実施状況をまとめ、翌年度6月30日までに提出)

報告書様式、添付書類、提出期限などは、リンク先の「申請・届出の総合窓口」に掲載しています。

多量排出事業者による産業廃棄物処理計画の策定マニュアル

新潟市外の事業場から排出された産業廃棄物に係る報告は、新潟県への報告になります。

計画書及び実施状況報告書の公表

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1403 FAX:025-222-7032

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る