このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

万代島にぎわい空間創造事業(第2期 万代島多目的広場)

第2期事業の概要

万代島にぎわい空間創造事業の第2期事業では、平成22年10月に新潟漁業協同組合が対岸に移転したため、その跡地の利活用方法の検討を進めてきました。

万代島旧水揚場跡地には、かつて水産物荷捌施設として使用されていた、大きなかまぼこ型の屋根が特徴の建物が残っており、平成24年度は「水と土の芸術祭」の会場として使用され、多くの来場者でにぎわいました。また、道路をはさんだ向かいには朱鷺メッセと、その隣に佐渡汽船ターミナルがあり、入り江の対岸には第1期事業で開設した市民市場ピアBandaiがあるなど優れた立地と景観を有しています。

新たなにぎわい空間の創出に向けて、ワークショップの開催や万代島跡地利用検討ワーキングの提言等を受け、「みなと自由空間」として誰もが港の景観に触れ、憩うことができる多目的広場として整備することを基本方針として取り組みを進めてきました。

平成28年度は具体的な設計を行いつつ、社会実験としてイベントを実施し、若者をはじめとした多くの来場者でにぎわうなど、利活用に向けての検証を進めてきました。

平成29年度に整備着手し、かつて水産物荷捌施設として使用された建物を、特徴的な大きなかまぼこ型の屋根をいかしたまま屋内広場(通称“大かま”)として改修整備しました。港の新たな交流拠点として、平成30年3月から供用開始しています。

万代島多目的広場イメージ図

お知らせ

万代島多目的広場のオープンを記念し、平成30年3月10日と11日、お披露目イベントを開催しました。

万代島多目的広場のご案内

万代島多目的広場の施設案内を掲載しています。

これまでの主な取り組み

平成29年3月26日、社会実験第2弾を開催しました。

平成28年11月3日、ストリートスポーツを中心としたイベントを社会実験として開催しました。

平成25年2月7日、有識者等による検討ワーキングでの議論を経て、跡地利用に関する提言書が提出されました。

平成24年10月27日、跡地利用について、市民の方や学生の皆さんとワークショップを開催しました。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここから

万代島にぎわい空間創造事業

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る