このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 区について
  • 区役所・業務案内
  • くらしに関する情報
  • 施設案内
  • 区の取り組み
サイトメニューここまで


本文ここから

水の公園福島潟・水の駅「ビュー福島潟」

更新日:2017年4月7日

 福島潟の自然と文化の情報発信施設です。高さ29mの屋上からは潟と越後平野を一望でき、館内では潟の動植物や歴史の展示、潟の中のライブ映像を楽しむことができます。

水の駅「ビュー福島潟」

所在地・連絡先

所在地

〒950-3328
新潟市北区前新田乙493番地

連絡先

電話:025-387-1491
FAX:025-384-1200

ホームページ

水の公園福島潟(外部リンク)

アクセス

  • 新新バイパス豊栄ICから車で約10分
  • JR豊栄駅から車で約5分、徒歩で約30分

利用案内

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始12月28日から1月4日まで

駐車場

普通車120台、大型5台、障がい者用思いやり駐車場2台(全て無料)

入館料

水の駅「ビュー福島潟」入館料
区分 一般 小中学生 未就学児
個人 400円 200円 無料
団体(20名以上) 320円 160円 無料(人数に含めず)
年間利用券 1,000円 500円

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ビュー福島潟館内案内・利用料金(外部リンク)

障がい者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けたご本人様は入館料が無料になります。
詳しくは以下の障がい者及びその介助者の減免取扱基準をご覧ください。

公衆無線LANサービス「Niigata City Wi-Fi」

当施設は、公衆無線LANサービス「Niigata City Wi-Fi」の利用可能施設です。
詳しくは下記内部リンクを参照ください。

公衆無線LANサービス「Niigata City Wi-Fi」(内部リンク)

施設予約案内

利用料金

施設利用料
施設名 利用日 利用時間 料金
キャンプ場 3月1日から11月30日まで(12月1日から2月末日までは閉鎖) 終日 1人につき一般200円、小中学生100円、未就学児無料(20名以上でご利用の場合、通常料金の半額)
6階展望ホール 1月5日から12月27日まで(休館日を除く) 午後5時から午後11時まで 1時間につき4,000円(準備・片付けの時間も含む)
潟来亭 1月5日から12月27日まで(休館日を除く) 午後5時から午後11時まで 1時間につき800円

予約方法

  1. 直接2階事務室へ
  2. 電話予約(電話:025-387-1491)
  3. FAX予約(FAX:025-384-1200)

 ※FAXで予約する場合は、必ず下記リンクの施設有料利用案内をご確認のうえ、予約してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。水の公園福島潟施設有料利用案内(外部リンク)

イベント情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。福島潟イベント情報(外部リンク)

福島潟自然文化基金のご案内

福島潟自然文化基金は、福島潟の自然保護と文化の振興を図る「自然文化活動」を推進するため、平成12年に創設されました。、また、平成14年には補助金交付を開始し、外来種の駆除や植物図鑑の作成等、市民の自然文化活動を支援しています。
基金の趣旨にご賛同いただき、1,000円以上(小中高生500円以上)ご寄付いただいた方は、水の駅「ビュー福島潟」の年間会員として登録し、水の駅「ビュー福島潟」年間利用券のプレゼント等の特典があります。

福島潟自然文化基金活用事業

雁晴れ活動補助金

公の施設評価

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

北区役所 地域課
〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地
電話:025-387-1175 FAX:025-388-1222

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

自然・活力・安らぎにあふれるまち -住みたくなるまち 北区-

〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地 新潟市北区役所 電話 025-387-1000(代表)
Copyright(C) Kita Ward, Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る