このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

観光循環バスについて

最終更新日:2018年5月1日

新潟市観光循環バスは、市内中心部に点在する水族館や博物館、美術館などの施設を効率的に移動するための交通手段として、新潟交通株式会社と共同で運行しています。

座席数19席、乗車客定員38人の小型ノンステップバス(国土交通省認定 標準仕様ノンステップバス)を使用しています。

新潟市は全国的に著名なマンガ家を多く輩出しているマンガ王国です。そこで、観光循環バスでは、 本市の持つ独自のマンガ文化を取り入れ、全国にその魅力を発信するため、新潟市にゆかりのあるマンガ作家と連携して車体をデザインしました。

新潟市観光循環バスパンフレットNGT48ver.の作成と設置について

新潟市内での「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開催に合わせて、新潟市観光循環バスとNGT48がコラボレーションしたパンフレットを作成しました。

NGT48劇場や新潟駅万代口観光案内センターに設置しています。

NGT48が歌う『NGT48』の歌詞に登場するスポットをめぐるのに便利なパンフレットとなっておりますので、新潟市へお越しの方はぜひ手に入れて観光循環バスにご乗車ください。

※このパンフレットは郵送対応いたしませんので予めご了承ください。

道路工事に伴うバス停の移動について

道路工事のため、観光循環バス(白山公園先回り)の北方文化博物館新潟分館前のバス停は現在地より約30m海側に移設します。ご理解のほど、よろしくお願いします。

対象バス 

白山公園先回りコース

期 間 

平成30年4月23日(月曜)から5月9日(水曜)(予定)

5月6日(日曜)に観光循環バスの一部区間で迂回運行があります。

5月6日(日曜)に観光循環バスの迂回運行を行いますので、ご理解のほどよろしくお願いします。
期 日 5月6日(日曜)
区 間 北前船の時代館前~歴史博物館前
その他 迂回運行に伴うバス停の移動はありません。

基本情報

観光循環バスパンフレット

パンフレットの印刷

外国語パンフレット

新潟駅前バスのりば

新潟駅前バスのりばは、 新潟駅万代口バスターミナル2番線です。

運行時刻

冬期は減便して運行します。
7月25日から8月31日は夏期ダイヤで運行します。
※12月28日から1月3日は全便運休

運賃

1回乗車 大人210円 こども110円
1日乗車券 大人500円 こども250円
※大人=中学生以上、こども=小学生、幼児=1歳以上、乳児=1歳未満
※1回乗車は、以下のとおり割引制度があります。(1日乗車券は割引となりません。)
 乗降車の際、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳(顔写真付)を提示してください。

 

1回乗車の割引制度
区分 割引率
身体障がい者手帳第1種、第2種の1~3級、
または療育手帳A
本人50%
介護者50%
精神障がい者
保健福祉手帳1級
本人50%
身体障がい者手帳第2種の4~6級、
または療育手帳B
本人50%
(注1)
精神障がい者
保健福祉手帳2・3級
本人50%

(注1)本人が子ども運賃が適用される小学生の場合は介護者も割引されます。

  • 幼児を同伴されるときは、1人無料、2人目からこども運賃をいただきます。
  • 幼児がお一人でご乗車のときは、こども運賃をいただきます。
  • 乳児は無料です。

1日乗車券

 新潟市観光循環バスに限り、1日乗り降り自由な乗車券です。降車の際、乗務員に提示してください。
 ※ご利用される期日の銀色部分を、硬貨などの硬いものでそれぞれ1箇所削り取って使用してください。(それぞれ2箇所以上削り取ると無効になりますので、ご注意ください。)

1日乗車券価格

1日乗車券 大人500円 こども250円
※大人=中学生以上、こども=小学生、幼児=1歳以上、乳児=1歳未満

  • 幼児を同伴されるときは、1人無料、2人目からこども運賃をいただきます。
  • 幼児がお一人でご乗車のときは、こども運賃をいただきます。
  • 乳児は無料です。

1日乗車券販売場所

 新潟交通各案内所(新潟駅・バスセンター)、新潟市歴史博物館(みなとぴあ)、新潟県立万代島美術館売店、北方文化博物館新潟分館、新潟市水族館(マリンピア日本海)、新潟市會津八一記念館、新潟市美術館、新津記念館、旧齋藤家別邸
※観光循環バス車内でも購入できます。

1日乗車券割引特典

 下記施設の入場券を購入する際、1日乗車券を提示すると料金が割引になります。(ただし、1日乗車券の有効日に限ります。)
 施設以外にも、飲食店などでサービスを受けられます。詳しくはパンフレットをご覧ください。

新潟市水族館(マリンピア日本海)、新潟市會津八一記念館、新潟市美術館、新潟市歴史博物館(みなとぴあ)、新潟県立万代島美術館、敦井美術館、北方文化博物館新潟分館、新津記念館、信濃川ウォーターシャトル、北前船の時代館(旧小澤家住宅)、旧齋藤家別邸、新潟市マンガ・アニメ情報館

携帯用サイト

対応機種の方は左の二次元コードをご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

観光・国際交流部 観光政策課
〒951-8062 新潟市中央区西堀前通6番町894番地1 西堀6番館ビル 4階
電話:025-226-2608 FAX:025-228-6188

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る