このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

吐いたとき(嘔吐)

最終更新日:2012年6月1日

救急医療機関に受診が必要な症状

次の場合は、医療機関を受診しましょう。

  • 嘔吐が続き、水分を与えても嘔吐する。
  • 嘔吐と下痢を繰り返し、とまらない。
  • おしっこが半日くらい出ず、舌やくちびるが乾いている。
  • 吐いたものが黄色、緑色や赤茶色などのとき。
  • 嘔吐に加えて発熱や頭痛がある。
  • 嘔吐に加えて激しい腹痛がある。
  • 嘔吐のほか、便に血が混じっている。
  • 元気がなく、ぐったりしている。

吐いた後、状態が落ち着き、少しずつでも水分や食事がとれている場合などは、翌日に「かかりつけ医」などを受診してください。

このページの作成担当

保健衛生部 地域医療推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
電話:025-212-8018 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る