このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

誤飲・窒息

最終更新日:2012年6月1日

お子さんが急にせき込んで苦しそうな表情の時は、異物の誤飲・窒息が疑われます。

次の場合は、救急車を呼びましょう

  • のどに物が詰まった。
  • けいれんを起こしている。
  • 意識がない。
  • 顔色が悪く、呼吸の仕方がおかしい。
  • 嘔吐が止まらない。

救急医療機関に受診が必要な症状

次の場合は、医療機関を受診しましょう。

  • 医薬品、殺虫剤、洗剤などを飲んだ。
  • 灯油、マニキュア除光液などの揮発性の液体を飲んだと思われる。

このページの作成担当

保健衛生部 地域医療推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
電話:025-212-8018 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る