新潟都心の都市デザイン

最終更新日:2019年8月20日

新着お知らせ
~「新潟都心の都市デザイン」の概要版リーフレットを掲載しました~

データダウンロード

都市デザイン概要版

周知の背景は?

 新潟市は、本州日本海側唯一の政令市として、拠点性の向上が求められています。
 そのような中、2019年1月1日に開港150周年を迎えます。また、2018年4月には新潟駅の高架駅第一期開業を迎え、全面開業を目指して、新潟駅連立事業等を推進しており、今後新潟駅周辺が大きく変わろうとしています。
 このようなまちづくりの節目に当たる今、これから先150年を見据え、新潟の暮らしをより豊かなものにするとともに、本市の魅力向上につなげるまちづくりにオール新潟で引き続き取り組んでいくうえで、新しい新潟の都市デザインを描くことが必要です。
 そこで、この度、これまでの歴史のなかで、現在の新潟に至るまでの都市構造の変遷を振り返り、これから先150年を見据えた「新潟都心の都市デザイン」として都市デザインの理念をとりまとめました。
 今後、この理念をもとに、市民のみなさんとともに多分野のヒト・モノ・コトについて広く話し合いながら、都市デザインを具体的な動きにつなげていきます。
 なお、「新潟都心の都市デザイン」については、2018年7月23日の新潟県・新潟市調整会議において、新潟県知事と新潟市長が了承し、公表されたものです。

新潟都心の都市デザイン

次世代のまちづくりに向けて、開港から150年をかけて形成されてきた不動の軸・都心軸(新潟駅から古町まで)を次世代のアイデンティティとしていきます。

【都心軸】東大通ルート(新潟駅・万代広場ゾーン)

○新潟を訪れる人々が都心軸を望むとき、日本海側拠点都市の風格が感じられる
○駅前広場から都心軸、水辺・賑わいゾーン、港・創造ゾーンへと導かれ、まちなかへ歩き出したくなる

【副軸】弁天ルート(水辺・賑わいゾーン)

○沿道の店舗と連携したイベントやオープンカフェにより、訪れた人がより開放的な賑わいを感じられる
○新潟らしさを感じながら水辺へと誘われる仕組みづくり

【副軸】花園ルート(港・創造ゾーン)

○創作活動やリノベーションなど、新しく何かが創り出される雰囲気が感じられる
○駅から港へつながる雰囲気づくりや、レンタサイクルなどで楽しく快適にアクセスできる環境を創出する

旧市街・開化ゾーン

○堀~通り~小路の町割りを活かす
○みなとまちの歴史・文化的な街並みや花街文化・食文化を活用する
○さまざまな都市機能の集積・回帰によるまちづくり

水辺ゾーン

○水辺空間を新潟独自の魅力として磨き上げ、まちなかの賑わいを創出する
○やすらぎ堤と、橋・道路・建物といった水辺周辺の空間を一体的につなげる

次世代のまちづくりに向けて

データダウンロード

関連リンク

このページの作成担当

都市政策部 都市計画課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館4階)

電話:025-226-2675

FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ