通知カード

最終更新日:2019年2月7日

通知カード画像

通知カードは、社会保障・税番号(マイナンバー)制度の開始に伴い平成27年12月末までに全国の「住民基本台帳に登録された方」に対して一斉に発行された、紙製カードです。また、出生届により新たな住民票が作成された方等については、順次発行されています。

利用用途

マイナンバーが必要な手続時に提示する書類として

年金・税・福祉といった公的手続においてマイナンバーの提示を求められた際、カードに記載されているマイナンバーを提示することで手続ができます。

マイナンバーカードとの違い

通知カードはマイナンバーカード(個人番号カード)と異なり、各個人のマイナンバーを個別にお知らせするための専用カードです。また、ICチップ非搭載のため、電子証明書の機能はありません。
そのため、以下の用途ではご利用頂けません。

  • 「コンビニ交付サービス」を利用することができません。
  • 「公的個人認証サービス」を活用した各種オンラインサービス(行政手続や民間サービスのうち、インターネットから申請・申告・申込等ができる、電子的に本人確認を行う仕組みのサイト)を利用することができません。
  • カードを本人確認書類として使用することができません。

通知カードの受取方法

新たに住民票が作成された方

出生届等により、新たに住民票が作成された方には、届書提出からおおむね1か月後に、簡易書留郵便でカードが住民票上の住所宛てに送付されます。
※通知カードは国指定情報処理機関(地方公共団体情報システム機構)が全国のカードを一括作成しています。そのため、届書受理からカード発送まで1か月程度かかります。あらかじめご了承ください。
※3月から4月にかけての引越手続集中時期等では、1か月以上かかることがあります。

平成27年10月5日現在で住民票がある方

平成27年10月5日現在で日本国内に在住し住民票がある方は、住民票のある自治体から平成27年12月までに簡易書留郵便で一斉発送されました。配達されたカードをご利用ください。
万が一、紛失等によりカードがお手元に無い場合は、別途再発行手続が必要です(有料)。再発行手続終了後おおむね1か月後に、簡易書留郵便でカードが住民票上の住所宛てに送付されます。
※通知カードは国指定情報処理機関(地方公共団体情報システム機構)が全国のカードを一括作成しています。そのため、届書受理からカード発送まで1か月程度かかります。あらかじめご了承ください。
※3月から4月にかけての引越手続集中時期等では、1か月以上かかることがあります。

通知カードの再発行手続

持参するもの

  • 本人確認書類
  • 法定代理人が同行する場合は、戸籍謄本その他代理人資格を証明する書類

(ただし、「本籍地が新潟市内である場合」または「15歳未満の者に係る手続で、代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合」は、不要。)

本人確認書類

(1) 次のうち1点

顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

(2) (1)をお持ちでない方は、以下の書類

「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長 が適当と認める書類2 点 
 (例) 健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、医療受給者証

本人が来庁できない場合

代理人による再発行手続が可能です。次の書類を窓口までお持ちください。

  • 申請者の本人確認書類(コピー不可)

 前項に示す本人確認書類(1)を1点、または、本人確認書類(2)を2点

  • 代理人の本人確認書類(コピー不可)

 前項に示す本人確認書類(1)を1点、または、本人確認書類(2)を2点

  • 代理権の確認書類

 法定代理人の場合は、戸籍謄本その他その資格を証明する書類
 任意代理人の場合は、委任状(同一世帯員の場合は、不要)

通知カードの発行手数料

再発行手数料は1名あたり500円です。
(出生届等により、新たに住民票が作成された方に対する新規発行は、無料です。)

通知カードの有効期限

通知カードには、有効期限は設定されておりません。
なお、マイナンバーカード(個人番号カード)の発行を申請した場合、通知カードはマイナンバーカード交付時に回収されます。

通知カード受取時の注意事項

通知カードは、住民票上の住所宛てに転送不要扱いの簡易書留郵便で発送されます。そのため、以下の事例でカードを円滑に受け取れないトラブルが多発しています。ご注意ください。
返戻されたカードの再郵送はできません。お住いの区の区役所区民生活課(中央区は窓口サービス課)に連絡のうえ、直接窓口まで受け取りに来ていただくことになります。
なお、返戻後1年間受取の無い通知カードは廃棄処分となり、カードの再発行手続(有料)が必要となります。あらかじめご了承ください。

不在連絡票に記載の受取期限を超過した事例

配達時に不在であった場合、郵便局は不在連絡票を投函します。
連絡票に記載の受取期限内であれば郵便局に直接連絡のうえ再配達を依頼できますが、期限超過後は、お住いの区の区役所に返戻されます。受取期限にご注意ください。

※受取期限内の再配達については、郵便局にお問い合わせください。

住民票上の住所と現住所が異なる事例

家屋新改築に伴う一時的な引越しや、長期入院・施設入所等の理由で、住民票上の住所にお住いでない場合、宛先に尋ねあたらないとの理由でお住いの区の区役所に返戻されることがあります。
出生届等の手続後2か月以上配達が無い場合、お住いの区の区役所に返戻されている可能性がありますので、区役所までお問い合わせください。

通知カードに関するその他手続

その他、通知カードに関する主な手続です。詳しくは、窓口までお問い合わせください。

通知カードに関する主な手続
手続を要する場面 手続内容
住民異動届戸籍届により、カード券面に記載の氏名・住所等を変更したい(同時手続)

住民異動届等と同時に手続できます。窓口にてカードをご提示ください。
※同一世帯員以外の任意代理人による手続の際は、委任状が必要です。
※カードは即日で更新されます。ただし、追記欄満欄により更新できなかった場合は、おおむね1か月後に簡易書留郵便で新たなカードが郵送されます。

住民異動届戸籍届により、カード券面に記載の氏名・住所等を変更したい(後日手続)

住民異動届等の際にカード持参を失念した等の理由で同時手続をしなかった場合は、別途来庁のうえ「表面記載事項変更届」を提出してください。手続期限はありませんが、お早めの手続をお願いします。
※同一世帯員以外の任意代理人による手続の際は、委任状が必要です。
※カードは即日で更新されます。ただし、追記欄満欄により更新できなかった場合は、おおむね1か月後に簡易書留郵便で新たなカードが郵送されます。

通知カードを紛失した、盗難にあった

外出先で紛失した場合は、まず警察署に遺失物届を提出してください。
次に、区役所・出張所に来庁のうえ、紛失届・再発行手続をしてください(有料)。
マイナンバーカード未取得者の場合は、通知カードの再発行に代えて、マイナンバーカードの新規発行を申請することも可能です(初回無料)。
盗難被害等でマイナンバーが第三者に不正に使用される恐れがある場合は、あわせてマイナンバーの変更手続もお勧めします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

関連リンク

問い合わせ先

お問い合わせは、各区役所へ
担当所属 直通電話番号
北区役所 区民生活課 区民窓口係

電話:025-387-1255

東区役所

区民生活課 区民窓口係

電話:025-250-2235

中央区役所

窓口サービス課 証明チーム

電話:025-223-7106

江南区役所

区民生活課 区民窓口係

電話:025-382-4203

秋葉区役所

区民生活課 区民窓口係

電話:0250-25-5674

南区役所

区民生活課 区民係

電話:025-372-6105

西区役所

区民生活課 区民窓口係

電話:025-264-7211

西蒲区役所

区民生活課 区民窓口係

電話:0256-72-8317

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ