連載第3回 バス路線は今のままでもいいでしょう?

最終更新日:2015年6月19日

連節バスの写真

本市のバス利用者は、この20年間で3分の1にまで減りました

イラスト

質問

 バス路線は今のままでもいいでしょう?

イラスト

回答

減便・廃止が続いており、このままでは立ち行かなくなります。

利用者が少なくなった路線は減便や廃線となり、さらに利用者が減るという負の連鎖が続いています。
今後さらに高齢化が進み、マイカー移動ができなくなる人が増えていく中、バスが衰退して移動が不便なまちになってしまっては、社会の変化に対応できません。
市全体のバス交通を今後も維持するため、市はバス交通の仕組みを大きく変える「新バスシステム」を導入します。

バス利用者数と便数の推移

バス利用者数のグラフ バス利用者数

バス便数 バス便数

※市報にいがた2521号(平成27年6月21日)掲載記事

このページの作成担当

都市政策部 新交通推進課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館4階)

電話:025-226-2755

FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ