北区は、越後平野の生い立ちそのもの

最終更新日:2012年6月1日

越後平野地形区分図

 北区の地形は、中央部葛塚から北部の日本海までに、海岸線と平行に形成された砂丘列地帯が発達しています。標高20メートルを超えるところもあります。信濃川や阿賀野川などが吐き出す大量の土砂が、海流と季節風の力によって生み出されたもので、新潟砂丘と呼ばれています。内陸から10列あるとされる砂丘列が、北地区では9列みることができます。
 南には阿賀野川や駒林川の氾濫原であった豊栄低地が広がっています。東南には福島潟があり、流出する新井郷川は日本海に注いでいます。
 正保2年(1645年)の新発田領絵図によれば、新井郷川は嶋見前潟(島見前潟)から流れ出る加治川・新発田川と合流し、新崎の南付近で阿賀野川へ流れ込み、その阿賀野川は信濃川と河口で合流し、ようやく日本海へ流出していました。砂丘にさえぎられて水の出口がなく、河川は西へ西へと流れていました。
 北区は、まさに越後平野のおいたちそのものを物語る典型的な地域です。

このページの作成担当

北区役所 地域総務課

〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地

電話:025-387-1175

FAX:025-387-1020

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ