このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟市健康寿命延伸計画[アクションプラン]‐地域との協働による健康づくりに向けて‐

最終更新日:2021年2月12日

新潟市健康寿命延伸計画策定の背景と趣旨

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には、医療や介護の需要が大きく増加することが見込まれますが、施設や人材などの医療・介護資源には限りがあり、また、介護・医療費など社会保障費の急増も懸念されています。
そのための一つの取り組みとして、住み慣れた地域で医療や介護が受けられるよう、地域包括ケアシステムの構築を進めています。
また、本市では、介護が必要となる不健康な期間が全国平均より長いため、健康寿命の延伸に取り組むことが極めて重要です。
これまでも、まちづくりと健康づくりを連携させるスマートウエルネスシティ(健幸都市づくり)の取り組みを進めてきましたが、より一層推進するため、医療・健診データを中学校区単位で分析し、地域健康度を明らかにする「新潟市健康寿命延伸計画[アクションプラン]」を平成29年3月に策定しました。計画の内容は毎年更新しており、これを基に、地域の皆さまと健康課題を共有するとともに、協働しながら課題解決に向けた取り組みを進めています。
さらに、平成30年度からは、働き盛り世代の健康の保持・増進に向けて、企業等が従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」を推進しています。
本市の健康寿命延伸のためには、市民一人ひとりの意識改革・行動変容が必要です。皆さまのご協力をお願いいたします。

 ※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

新潟市健康寿命延伸計画[アクションプラン](改訂版)本文(令和2年3月改訂版)

全体

分割

計画の位置づけ

本計画は、総合計画「にいがた未来ビジョン」や健康づくり推進基本計画「スマイル新潟ヘルスプラン」などの計画を踏まえ、今後取り組むべき方向性と具体的な事業を取りまとめた行動計画と位置づけています。

関連する主な計画

過去の新潟市健康寿命延伸計画[アクションプラン]

市民啓発パンフレット「新潟市発 健康行き」

新潟市健康寿命延伸計画[アクションプラン]に基づき、市民の健康づくりと企業の健康経営を推進するため、市民啓発パンフレット「新潟市発 健康行き」を作成しました。
市内各施設等に設置しているほか、にいがたヘルスパートナー登録事業所等に配布しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健衛生総務課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
電話:025-212-8014 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

保健衛生部

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る