このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

イノシシに注意してください

最終更新日:2020年11月17日

イノシシの出没状況について

2020年7月以降、 角田山周辺でイノシシの出没情報があり、現在、捕獲に向けて、はこわなを設置しています。また、11月以降は、西蒲区内の広範囲で出没情報が相次いでいます。イノシシによる被害を防止するため、以下の点にご注意ください。

イノシシの被害を防ぐために

イノシシを集落に呼び寄せない環境づくりをしましょう

エサとなる野菜くずや生ごみ、収穫しない柿、栗、クルミなどを放置しない(イノシシがエサ場として覚えるため)。
田畑周辺や耕作放棄地のやぶを刈り払い、見通しをよくする(イノシシの隠れる場所を無くす)。

人の存在を知らせましょう

ラジオや鈴等を鳴らすなどして、人の存在を知らせましょう。

イノシシから農作物を守るには、防護柵や電気柵の設置が有効と考えられます

イノシシに遭遇したら

落ち着いてゆっくり行動しましょう

イノシシに出会ったら、静かにその場を離れましょう。イノシシに背中を見せたり、走って逃げたりすると向かってくることがあるので、ゆっくりと後ずさりしながら離れてください。

こちらから攻撃したり、威嚇したりしないでください

イノシシは臆病な動物なので、こちらから何もしない限り、通常はおそってくることはありません。見かけても、刺激を与えず、興奮させないことが大切です。棒を振り上げたり、石を投げたりしないでください。

接近を避けられない場合は

イノシシにとって人がいる方向にしか逃げ道がない場合は、イノシシが向かってくることがあります。接近が避けられない場合は、イノシシに逃げ道を明け渡し、安全な場所に避難してください。

イノシシの生態について

寿命は、最長で10年
発情期は、12月から2月
妊娠期間は、約4カ月
成獣メスは、春から秋に4~5頭を出産し、出産に失敗すると、秋季に出産することもあります。幼獣(ウリ坊)は、2年で成獣になります。
行動範囲は、2~3平方キロメートルで、時間を問わず一日中活動します。
県内の生息状況は、特に糸魚川市、上越市、柏崎市などの上・中越地域に多く生息しており、県北部までの広い範囲に拡大しています。

イノシシの習性について


イノシシの習性

イノシシを見かけたら

イノシシを見かけたら、西蒲区役所区民生活課へ連絡してください。
平日の日中 電話:0256-72-8312
休日又は夜間 電話:0256-73-1000(代表)

緊急性がある場合は、すぐに西蒲警察署(電話:0256-72-0110)もしくは110番へ連絡してください。

このページの作成担当

西蒲区役所 区民生活課
〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1
電話:0256-72-8312 FAX:0256-73-7252

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1 電話 0256-73-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る