このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

イノシシに注意してください

最終更新日:2019年10月25日

イノシシの出没状況について

2018年10月以降、 西蒲区の角田山周辺地域でイノシシの出没情報が相次ぎ、自家用野菜の食害や人に近接するなどの事案が発生しました。
6月6日の目撃を最後に、今のところ目撃情報はありませんが、10月16日に下木島地内、10月24日に巻漁港周辺海岸(越前浜地内、角田浜地内)でイノシシと思われる足跡が発見されました。

イノシシの被害を防ぐために

イノシシを集落に近づけない環境をつくりましょう。

集落全体でイノシシの餌となる野菜くずや生ごみなどを屋外に放置しないようにしましょう。
田畑周辺や耕作放棄地のやぶを刈り払い、見通しをよくし、イノシシの隠れ場所をなくしましょう。

イノシシから農作物を守るには、防護柵や電気柵の設置が有効と考えられます。

イノシシに遭遇したら

落ち着いてゆっくり行動しましょう

イノシシに出会ったら、静かにその場を離れましょう。イノシシに背中をみせたり、走って逃げると向かってくることがあるので、ゆっくりと後ずさりしながら離れてください。

こちらから攻撃したり、威嚇してはいけません。

棒を振り上げたり、石を投げたりして刺激すると逆上して襲ってくることがあるため、大変危険です。

接近を避けられない場合は

イノシシにとって人がいる方向にしか逃げ道がない場合は、イノシシが向かってくることがあります。接近が避けられない場合は、イノシシに逃げ道を明け渡し、安全な場所に避難してください。

イノシシの生態について

寿命は、5年から10年
発情期は、12月から2月
妊娠期は、4カ月から5カ月
成獣メスは、4月から6月に4頭から5頭を出産し、幼獣(ウリ坊)は、2年で成獣になります。
行動範囲は、2平方キロメートルから3平方キロメートルで、時間を問わず一日中活動します。
佐渡島、粟島を除く県内では、近年生息地域が広がっており、特に、糸魚川市、上越市、柏崎市などの上・中越地域に多く生息しています。

イノシシの特徴について

イノシシは慎重で臆病な性格です。慣れると大胆不敵になります。餌を食べれた畑の場所を忘れません。野菜や果物、米だけでなく、土手や畑の青草、雑草も大好物です。鼻先で70キログラムの物を持ち上げる力があります。ジャンプ力は助走なしで高さ1メートルを飛び越えます。くぐり抜ける習性があり、高さ20センチメートルのすき間があればくぐり抜けます。
イノシシの特徴

イノシシを見かけたら

イノシシを見かけたら、西蒲区役所区民生活課へ連絡してください。
平日の日中 電話:0256-72-8312
休日又は夜間 電話:0256-73-1000(代表)

緊急性がある場合は、すぐに西蒲警察署(電話:0256-72-0110)もしくは110番へ連絡してください。

関連リンク

このページの作成担当

西蒲区役所 区民生活課
〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1
電話:0256-72-8312 FAX:0256-73-7252

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1 電話 0256-73-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る