このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

海抜ゼロ At Sea Level

最終更新日:2020年3月26日

水と土の芸術祭2015ロゴ

作品・作家

海抜ゼロ At Sea Level

海抜ゼロ
撮影:中村脩

現存

作家名:土屋公雄APT(=アートプロジェクトチーム)田原唯之+木村恒介 Kimio TSUCHIYA APT(=Art Project Team) Tadayuki TAHARA + Kohsuke KIMURA
制作年:2009
テーマ:潟
エリア:西蒲区
海抜ゼロメートル地帯の、かつて腰まで水に浸かりながら農作業を行っていた時の水面の視界を実感する作品。潟地の暮らしの歴史を体感し、未来を考える。

場所:上堰潟公園(西蒲区松野尾1)
※公園の第1駐車場から徒歩約10分、もしくは第2駐車場から徒歩約5分です。(第1・2駐車場とも無料)

土屋公雄APT(=アートプロジェクトチーム)田原唯之+木村恒介 Kimio TSUCHIYA APT(=Art Project Team) Tadayuki TAHARA + Kohsuke KIMURA

土屋公雄Art Project Team(以下APT)は、価値観の多様化した現代への問いに対し、新たな表現をアート・建築・ランドスケープデザイン等の境界を越えた視点で探求する環境造形プロジェクトチームとして2009年から活動を開始。
表現行為を、単なる芸術・文化領域にとどめず、自然・環境・都市空間・コミュニティのあり方、国際化における情報産業と人間の意識や行動といった、人間社会の様々な側面との関係性の中で、社会における新たな価値・役割を創造していくことを念頭に、様々なプロジェクトを展開。2009年「海抜ゼロ」(水と土の芸術祭2009)、「振動」(在日フランス大使館「No man’s land」)、2010年「記憶のシルエット」(勝どきビュータワーモニュメント)など

このページの作成担当

文化スポーツ部 文化創造推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-2624 FAX:025-226-0050

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る