このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

検査結果

更新日:2017年6月8日

先月分までの食肉衛生に関する検査結果です。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

BSEモニタリング検査結果

※これらの検査結果の情報は、翌月中旬に更新されます。

1.豚のと畜検査頭数および検査結果

検査年月

と畜検査頭数

全部廃棄頭数

心臓の廃棄数

肝臓の廃棄数

大腸の廃棄数

平成29年5月

17,222

25 1,553 2,214 5,991
平成29年4月 16,479 34 1,656 2,217 4,664
平成29年度 計

33,701

59 3,209 4,431 10,655

参考) 平成28年度 計 

206,722

395

16,378 25,324

55,672

と畜検査で「と畜場法」に規定される疾病と診断された場合には廃棄処分されるため、食用として市場に流通することはありません。
※「全部廃棄」となる処分理由(疾病)として、膿毒症・豚丹毒・敗血症・豚赤痢・全身性変性などがあります。

と畜検査の現場(豚編)

2.牛のと畜検査頭数および検査結果

検査年月

と畜検査頭数

全部廃棄頭数

心臓の廃棄数

肝臓の廃棄数

大腸の廃棄数

平成29年5月 74 2 2 31 9

平成29年4月

79 0 0 25 9

平成29年度 計

153 2 2 56 18

参考) 平成28年度 計

857

9 15 256

62

と畜検査で「と畜場法」に規定される疾病と診断された場合には廃棄処分されるため、食用として市場に流通することはありません。
※「全部廃棄」となる処分理由(疾病)として、尿毒症・黄疸・全身性変性などがあります。

と畜検査の現場(牛編)

3.牛枝肉の腸管出血性大腸菌O26、O103、O111、O157のふきとり検査結果

検査年月

検査頭数  検出頭数
平成29年5月 72

0

平成29年4月 79 0
平成29年度 計

151

0

参考) 平成28年度 計 848 6

枝肉から腸管出血性大腸菌O26、O103、O111、O157が検出された場合は、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒等の衛生的措置を行い、再度検査を行い安全を確認します。また、食肉センター内の施設や器具等の徹底した消毒を行います。

4.残留抗菌性物質等のモニタリング(残留の監視)検査結果

豚の検査結果
検査年月 検査頭数 基準値超過数
平成29年5月 42 0
平成29年4月 219 0

平成29年度 計

261

0

参考) 平成28年度 計 1,841 1
牛の検査結果
検査年月 検査頭数 基準値超過数
平成29年5月

69

0
平成29年4月 73

0

平成29年度 計

142 0

参考) 平成28年度 計

812

0

食品衛生法に定められた基準値を超過した食肉は流通前に廃棄処分され、食用として市場に流通することはありません。また、この検査結果をもとに、家畜保健衛生所(家畜防疫員)と連携し、生産農家に対して動物用医薬品の適正使用と残留の再発防止について指導を行います。

このページの作成担当

保健衛生部 食肉衛生検査所
〒950-2125 新潟市西区中野小屋1631
電話:025-261-2600 FAX:025-261-0565

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る