このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

新潟市インフルエンザ発生状況

更新日:2016年5月26日

新潟市や県の、5月22日までの1週間の定点機関1施設あたりの報告数は1前後に減少し、A型・B型インフルエンザはともに減少しています。

市衛生環境研究所の検査で検出されているA型インフルエンザウイルスの亜型は、主にH1pdm09(2009年当時の新型インフルエンザ)で、H3亜型(香港型)は少数です。B型ビクトリア系統山形系統の両方が検出されています。

感染性胃腸炎にも注意が必要です。手洗い・うがい・咳エチケットを心がけ、感染症を一括して防ぐように努めましょう。胃腸炎を予防するためには、トイレの後、調理や食事、間食の前などに、石鹸を用い、しっかりと手洗いを行うことが大切です。

インフルエンザにかかったら

安静に努め、十分な休養・睡眠をとりましょう。脱水にならないよう、水分補給をこまめに行なうことも大切です。抗インフルエンザ薬は、発熱などの症状が出てから2日以内に、ウイルスが体内で広がりきらないうちに開始するのが原則です。薬による治療開始後でも、呼吸状態の悪化や、繰り返す下痢やおう吐による脱水の進行、意識障害など、重症化の兆候がみられるような場合は、繰り返し医療機関に相談するようにしてください。

もう少し詳しく知りたい方に

インフルエンザの予防と発症した場合の留意点

インフルエンザによる学級閉鎖の状況

インフルエンザ様疾患による臨時休業措置について

新潟市の状況

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。インフルエンザによる学級閉鎖等の状況(新潟県)

新潟県の状況(新潟市分を含む)

新潟市の外来患者報告集計(2015/16年シーズン)

 市内医療機関より週単位で報告されたインフルエンザ外来患者数(定点報告と任意報告の合計)を、迅速検査で診断されたA型、B型と、症状等で診断された臨床診断患者に分けて集計し、結果を公開しています。
 本市では、定点報告だけでは各区の流行状況を十分把握できないことから、市医師会と協力し、市内医療機関に任意報告の協力をお願いしています。

2015/16年シーズンの市内全域の患者報告数の推移
A型は少なくなり、B型も少しずつ減少しています。

区別発生状況(医療機関の所在区別)

発生数(A型、B型、臨床診断の合計)は、すべての区で減少しています。

年齢階級別発生状況

各年齢層で患者の発生は減少していますが、10~14歳、40~59歳で横ばいです。

新潟市衛生環境研究所におけるインフルエンザウイルス検出状況(A型の亜型、B型株の系統について)

今シーズンのA型インフルエンザは、H3亜型(香港型)も少数見られましたが、主にH1pdm09亜型が検出されています。B型の患者では、ビクトリア系統山形系統の両方が検出されています。

検体を採取した週別のインフルエンザウイルス検出状況
A型はH1pdm09が多く、H3は少数です。B型はビクトリア系統と山形系統の両方が検出されています。

A型の主流がH1pdm09であることが概ね分かり、第3週以降、迅速検査A型の外来患者から採取した検体は、直接PCR検査を実施せず、分離培養後に亜型の検査をすることにしました。結果判定に1か月以上かかります。

 インフルエンザウイルスは、同じA型、B型同士であっても、抗原性の違いから複数の亜型や株に分類されています。
 A型はヘマグルチニン (HA) とノイラミニダーゼ (NA) の組み合わせにより、H1N1や、H3N2(香港型)など、複数の亜型に分類されます。平成21年に新しく出現し、世界的大流行であるパンデミックを引き起こしたインフルエンザ(H1N1)2009ウイルスは、このサイトではH1pdm09として記載します。それ以前に流行を繰り返していたH1N1(ソ連型)は、現在は報告が見られなくなっています。
 B型は、HAとNAにA型ほどの多様性がないため、亜型による分類は行われず、HAの抗原性の違いからビクトリア系統株と、山形系統株という2つのグループに大別されます。
 

日本の季節性インフルエンザワクチン(不活化ワクチン)は、これまでは、A型2種類((H1N1)2009と同じ亜型のH1N1と、H3N2亜型)と、B型1種類(山形系統かビクトリア系統のいずれか)の、合わせて3種類が含まれた、いわゆる3価ワクチンでしたが、今シーズンから、A型2種類とB型2種類(山形系統とビクトリア系統の、どちらも)が含まれる、4価ワクチンになりました。

関連リンク

定点報告数の推移

新潟市感染症情報(週報)

新潟市におけるインフルエンザを含む定点疾患の、報告数の推移が閲覧可能

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県感染症情報(週報速報版)

新潟県の定点疾患報告数の推移や、県内各地のインフルエンザ定点報告数が閲覧可能

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県保健環境科学研究所

サイト内の感染症週報では、県内の保健所別に発生状況を色分けした地図などが閲覧でき、インフルエンザ患者発生・ウイルス検出状況 では、新潟市で検出されたものを含めた、新潟県のインフルエンザウイルス検出状況などが閲覧可能です。

定点とは

 感染症法に基づく感染症発生動向調査において、インフルエンザのように、身近に多数の患者が発生する疾患の動向を、効率よく把握するために選定された医療機関。定点報告対象疾患ごとに、地域人口を勘案して、地域の選定施設数が定められます。
 インフルエンザ定点医療機関(本市では26施設)は、1週間のインフルエンザ患者について、人数、年齢階級、性別を、毎週、保健所に報告します。全国の情報は、県や政令市を通じ、国に集約されます。集計結果は、地域の自治体、衛生研究所や、厚生労働省、国立感染症研究所のサイトなどで公開されており、定点医療機関1施設あたりの報告数は、流行状況の目安として利用されています。

感染症発生動向調査について(詳細)

感染症発生動向調査の対象となる感染症一覧

全国の発生状況

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。全国インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所)

都道府県別の発生状況を反映した、全国の発生状況マップです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。全国インフルエンザ発生状況(厚生労働省)

全国の都道府県別発生状況(インフルエンザ定点の報告患者数)などが閲覧できます。

インフルエンザ対策のサイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。平成27年度 今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)

発生状況や予防法など、インフルエンザに関する様々な情報が掲載されている、厚生労働省のサイトです。インフルエンザQ&Aインフルエンザ施設内感染予防の手引き、医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引きなどもダウンロード可能です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る