このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中央卸売市場のあゆみ

最終更新日:2018年4月18日

昭和39年、新潟市に日本海側で初めての中央卸売市場(青果部)が誕生しました。これは全国23番目の市場です。

昔は農家の人たちが自分の畑でとれた野菜などを1軒1軒の家に売り歩いていました。その後、人の多く集まる場所に持ち寄って売るようになったのが「朝市」の始まりです。これは今から200~300年前のことです。なかでも有名なのが本町と沼垂の朝市です。

しかし、人口が次第に増加し、交通機関が発達して街が繁栄してくるとともに朝市の問題が指摘されるようになってきました。
まず、朝市は一般の道路上で行われるため交通の障害になり、衛生面でも問題がありました。そして、価格がバラバラで安定しないため生産者や消費者に不利益となっていました。
また、場所が狭いため、多くの量の青果物を取扱うことも不可能でした。

これらの欠点をなくし、公正で妥当な価格を保ち、消費者の食生活の安定と生産者の利益をはかるために開設されたのが、「中央卸売市場」です。
平成19年5月、青果・水産・花きを扱う総合卸売市場として移転・新設し、生まれ変わりました。

このページの作成担当

農林水産部 中央卸売市場
〒950-0114 新潟市江南区茗荷谷711番地(中央卸売市場 中央棟4階)
電話:025-257-6767 FAX:025-257-6768

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る