公園の利用促進に向けた取り組みについて

最終更新日:2021年9月1日

社会実験の実施

公園の新たな利活用の可能性を探ることを目的とした社会実験を令和2年度に弁天公園で実施しました。

社会実験の目的

社会実験を行った弁天公園は、新潟駅と万代地区の中間に位置し、さらに住宅地にも近いといった、多様な立地特性があることから様々な活用が考えられます。社会実験では、弁天公園を居心地良く、くつろげる空間作りのため、テーブルやベンチなどの仮設の休憩施設を設置するほか、キッチンカーによる飲食サービスの提供を行いました。

社会実験の概要

実施日

令和2年10月21日(水曜)から10月27日(火曜)

実施時間

午前10時から午後5時まで
※ベンチ等は終日設置

実施場所

弁天公園(新潟市中央区南万代町1番1号)

実施内容

仮設の休憩施設として、テーブル・ベンチ、パラソルなどを設置し、さらに、キッチンカーによる飲食サービスの提供を行いました。

チラシ

実施結果

アンケート調査結果

公園の新たな可能性を探ることを目的として実施した社会実験を通じて、公園利用者のニーズ等を確認するためにアンケート調査を行いました。

自由意見(抜粋)

・テーブルと椅子を置いただけで雰囲気がだいぶ変わった。
・普段使わない公園を使うきっかけになった。
・ちょっとしたものがあるだけでやすらげる空間になる。住民や利用者が自分たちの住んでいる地域のことを考えるきっかけになるので、ぜひ、引き続き頑張っていただきたい。

まとめ

取り組みの継続については、80%以上が取り組みの継続を望むものとなりました。
また、弁天公園を利用したくなるために必要な"モノ"と"コト"の結果から、「食事もできて、くつろげる」憩いの空間を望んでいる傾向が見られました。
今回の調査結果を踏まえて、引き続き公園の利用促進に向けた取り組みを進めていきます。

弁天公園を利用したい事業者を募集しています

令和2年度に実施した社会実験を契機に、日常的な賑わいの創出やくつろげる空間を作り出すため、弁天公園を利用したい事業者を募集しています。弁天公園を利用したい場合は、まずはお気軽にご相談ください。利用方法や申請窓口を紹介します。

このページの作成担当

土木部 公園水辺課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)

電話:025-226-3061

FAX:025-222-7324

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ