新潟県指定史跡 緒立遺跡・的場遺跡

最終更新日:2015年11月10日

緒立遺跡

所在地

新潟市西区緒立流通2丁目ほか
(面積5,278.43平方メートル)

所有者・管理者

緒立八幡宮・新潟市

指定年月日

平成6年3月29日

概要

 昭和27年(1952)、緒立八幡宮社殿脇から1個の壷形土器が発見されました。このことがきっかけとなり、緒立遺跡の存在が知られるようになりました。

 緒立遺跡は、縄文時代から中世に至る複合遺跡で、それぞれ繁栄の様子を見せています。

緒立土器 緒立土器

 出土した土器の大半は東北地方南部の系統で、縄文が施され、文様の基本も縄文晩期のものと共通していたため、当初は「縄文晩期の土器」とされましたが、その後の研究で弥生前期の土器と考えられるようになりました。昭和27年、昭和32年(1957)、昭和33年(1958)の調査で出土した土器が「緒立土器 一括」として市の指定文化財となっています。

緒立遺跡の円墳の葺き石 円墳の葺き石

 古墳時代前期の葺き石を伴う円墳は発掘で確認されているものとしては蒲原平野唯一であり、権力者の存在を想像させます。また、奈良~平安時代については、大型倉庫と思われる掘立柱建物・井戸などの遺構や、サイコロ、瓦塔、和同開珎、祭祀具(人面墨書土器、木製品)などの遺物の発見によって、官衙的性格をもった遺跡と推定され、800m東方の的場遺跡との関係が指摘されています。

緒立遺跡から出土した管玉・勾玉 出土した管玉・勾玉

的場遺跡

所在地

新潟市西区的場流通1丁目ほか
(面積8,072.14平方メートル)

所有者・管理者

稲荷神社・新潟市

指定年月日

平成6年3月29日

概要

発掘された和同開珎など 発掘された和同開珎など

 発掘調査によって、奈良・平安時代を中心とする多量の土器や漁具等の遺物が、非常によい状態で出土しました。中でも注目されるのは、文字が記された木の札(木簡-もっかん-)や、奈良時代に流通した古い銭貨の一つである和同開珎(わどうかいちん)が出土したことです。また、魚とりに使う網のおもりと浮きのセットなど、全国的にも貴重な資料といえます。的場遺跡は、奈良・平安時代の水産物の捕獲や管理に関係する基地のような性格を持っていたようです。
 この遺跡出土遺物は県・市の指定文化財となっています。
 また、この遺跡は現在、的場史跡公園として整備されています。

発掘前の的場遺跡の景観(昭和61年) 発掘前の景観

的場遺跡から出土した古墳時代の玉類 出土した古墳時代の玉類

的場遺跡から出土した土器 出土した土器

関連リンク

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ