作業のようす

最終更新日:2019年6月4日

「工芸1班」、「工芸2班」、「リサイクル1班」、「リサイクル2班」の4つの作業班に分かれて活動しています。

工芸1班

主にさをり織りを中心に行っています。それぞれが好きな糸を組み合わせて感性豊かに織っています。
完成したさをり織りは、園内に飾ったり、お世話になっている方にプレゼントをしたりといろいろな場面で使われます。
手先が器用な方が多いので、さをり織り以外にもカラービーズを使ったビーズハンガー作りをしている方もいます。

工芸1班作業の様子写真 一段一段丁寧に織っています

さをり織りの作品の写真 完成したさをりを披露

工芸1班作業の写真 集中して作業しています

工芸2班

「スキルスクリーン」という飾りのれんを製作したり、カラービーズを使ってビーズハンガーなどの工芸品を作ったりと、手先の器用さを活かした作業をしています。
工芸1班のさをり織りと同様に、園内で使用したり、お世話になっている方にプレゼントをしたりといろいろな場面で使われています。

工芸2班作業の様子写真 作業の様子

ビーズハンガー製作の様子写真 ビーズを器用にハンガーに通します

スキルスクリーン製作の様子写真 スキルスクリーンはさらに細かな作業です

リサイクル1班

家庭から出るアルミ缶を回収し、こつこつとプレス機でつぶしています。単純な作業に見えますが、缶をきちんとプレス機に投入する技術と、ペダルをしっかりと下まで踏み抜く力が必要です。つぶしたアルミ缶は回収業者に回収してもらい、トイレットペーパーに交換してもらっています。
体力がある方が多いので、歩行にも積極的に出ています。

空き缶つぶしの様子写真 力強くペダルを踏んで缶をつぶします

空き缶つぶしの様子写真2 空き缶プレス機に投入

歩行の様子写真 晴れた日は歩行へ行きます

リサイクル2班

廃紙のシュレッダー作業や再生封筒の製作などを中心に作業を行っています。
毎日の事務処理で廃紙は多く出ますし、再生封筒もすぐになくなってしまいます。
明生園の事務処理を支える大切な作業班です。

再生封筒作りの様子写真 のりを使用して再生封筒を作ります

再生封筒作りの様子写真2 皆で丁寧にのり付けをします

シュレッダー活動の様子写真 シュレッダー作業

このページの作成担当

福祉部 障がい福祉課 明生園

〒951-8121 新潟市中央区水道町1丁目5932-621

電話:025-231-6177

FAX:025-231-2560

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

クリスマス会

夏祭り

苦情解決

外出のようす

明生園について

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ