新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるストレス、心のケアについて

最終更新日:2021年7月5日

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、私たちの健康や生活に大きな影響を受けています。
新潟県内では緊急事態宣言が解除されましたが、新たな生活様式など私たちを取り巻く環境の変化が求められる中、様々
な不安や疲れを感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
このように、自分ではどうにもできない大変な経験や生活環境の変化を経験することは大きなストレスとなり、私たちの
心や体には、様々な影響が出ることがあります。
例えば…

きもちとからだ
きもち からだ 考え方
・涙もろくなる
・イライラする
・気持ちの浮き沈みが激しい
・投げやりになる
・誰とも話す気にならない。
・人の目が気になって外出が怖い。
・疲れやすい
・めまい、頭痛、肩こり
・吐き気、胃痛、食欲不振や過食
・眠れない、同じ夢ばかりみる
・考えがまとまらない
・記憶力がおちた
・悪い方向にばかり考える
・皮肉に考えてしまう

このような状態は多くの方に起こる正常な反応です。自然に回復していくことがほとんどです。
食事や睡眠・休養など、日常生活のリズムをなるべく崩さないように気を付けましょう。
また、一人で抱え込まず、「つらい気持ちをだれかに話す」ことで、つらさが和らぐことがあります。
こころの健康センターでは、市民の皆様の心のケアに関する相談をお受けしています。
あてはまる症状があり、心配な場合は、ぜひご相談ください。

こころの健康センターからのメッセージ

こころのケアに関する相談窓口

新潟市こころの健康センターの相談

注記:新潟市外の方は、「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県精神保健福祉センター(外部サイト)」にご相談ください。

こころのケアに関する各種情報

すべての方へ

医療従事者等、新型コロナウイルス感染症対応に従事されている皆様へ

事業者等、職員の健康管理に携わる皆様へ

お子さんのいる保護者の皆様へ

その他参考資料

(緊急時のメンタルヘルスと心理社会的サポートに関する機関間常設委員会リファレンスグループ)

その他の相談

このページの作成担当

保健衛生部 こころの健康センター

〒951-8133 新潟市中央区川岸町1丁目57番地1

電話:025-232-5551

FAX:025-232-5568

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ