藤五郎梅

最終更新日:2014年10月11日

梅のうまみがギュッ 梅干や梅酒にも最高

食と花の銘産品ロゴマーク

 亀田の銘産、梅の栽培の歴史は古く江戸時代後期にさかのぼります。宇野藤五郎が栽培し、新潟市場に出荷したのが始まりで、その優れた品質から「藤五郎梅」と呼ばれるようになりました。果実が大きいため、梅干や梅酒に適しています。
 毎年3月の開花期には、梅祭りが開催されています。
出荷期間:6月上旬から6月下旬
生産地区:江南区亀田地区

藤五郎梅

作成者:公益財団法人 食の新潟国際賞財団

藤五郎梅を使った料理レシピ

関連ページ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ