日本なし「新興(しんこう)」

最終更新日:2015年9月30日

甘くさわやかに香る秋の幸

食と花の銘産品ロゴマーク

 晩生梨の代表品種であり、日本梨の中では最も遅い時期に収穫されます。果肉は柔らかく水分が豊富で、甘みと酸味がバランスよく調和しています。果皮は赤褐色の熟した光沢があり、日もちが優れていることも特徴です。
出荷期間:10月下旬から1月下旬
生産地区:市内全域

新興(しんこう)

新興(しんこう)

こぼれ話

 古い書物に残った記録によると、新潟の梨の歴史は徳川四代将軍・家綱の頃にまでさかのぼります。横越町二本木の小次郎屋敷新田(現 新潟市)に植えた梨の木が、県内で一番古いものではないかと言われています。
 当事、横越町では小阿賀野川の決壊により、小次郎屋敷新田の耕地が砂礫で60センチメートルから1メートル埋まりました。このため普通の作物は栽培できず、十数年間荒れ地のままでしたが、たまたま梨の木を植えてみたところ結実が良好だったため、栽培が蒲原地方にまで広がっていったとのことです。
 新潟の日本なしは種類が豊富で、品種ごとに「味」、「香り」、「肉質」にそれぞれ特徴があります。
「新興(しんこう)」は昭和7年新潟県農事試験場園芸部(現 阿賀野市)で「二十世紀」の種子から育成され、昭和16年に命名された晩生の梨です。その後、DNA鑑定により、父親は江戸時代から新潟にある「天の川」であると推定されています。

関連ページ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ