ボケ

最終更新日:2012年10月3日

変化に富んだかわいい花木

食と花の銘産品ロゴマーク

 多彩な花色があり、非常に多くの品種があります。秋葉区小須戸地域、新津地域、南区白根地域で国内生産量の90%を生産し、質・量ともに全国1位の生産地となっています。
 平成19年4月に秋葉区小須戸に日本ボケ公園がオープンしました。
出荷期間:12月上旬~3月下旬
生産地区:秋葉区新津・小須戸地区、南区白根地区

ボケ

こぼれ話

 ボケは日本古来の野生品種で、観賞用となったのは大正時代からと言われています。昭和40年代後半に、秋葉区小須戸地域の生産者により接木栽培技術が確立したことから生産が拡大しました。
 品種にもよりますが、美しい花の後は、かりんの実に似た香りの良い果実が成り、ボケ酒やボケジャムなどで花と実の両方を楽しむことができます。
 また、生育が旺盛で、枝を切ってもすぐに新しい枝が出てくるため、自在に形を整えることができ、庭木にお勧めです。大きくならない種類は生垣にも適します。

関連ページ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

6月

7月

8月

9月

アザレア

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ