このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

北朝鮮による拉致問題の解決に向けて

最終更新日:2021年6月5日

拉致問題解決に向けた市長メッセージ

市民の皆さまへ

 北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの父滋さんがご逝去され、6月5日で1年が経ちました。
昭和52年11月15日、新潟市で中学校1年生のめぐみさんが突然、消息を絶って以降、滋さんは必死の捜索活動を続け、情報の提供を呼びかけてこられました。
その後、これが北朝鮮による拉致であると報道された平成9年に、滋さんは「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」を結成し、その代表として、全国で署名活動や講演を精力的に行い、めぐみさんをはじめ、拉致被害者を取り戻すための救出活動を続けてこられました。この滋さんらの行動が一部拉致被害者の帰国につながったと考えています。
先日、救う会新潟、大澤孝司と再会を果たす会から、全ての拉致被害者の早期帰国や大澤孝司さんら特定失踪者などを拉致被害者として認定するよう政府に働きかけることなどの要望書をいただきました。
新潟市としても、毎年、「忘れるな拉致 県民集会」やビデオ上映会などを開催するとともに、国に対しても、拉致問題の全容解明と拉致被害者全員の一刻も早い帰国の実現を強く要請してまいりました。
現在、各区で順次拉致問題パネル展を開催しており、中央区シネ・ウインドでは横田めぐみさんとご家族の苦悩を描いた映画「めぐみへの誓い」が上映中です。
ぜひ、パネル展や映画をご覧いただき、拉致問題を考える機会にしていただければと思います。
めぐみさんが拉致されてから、44年もの歳月がたとうとしています。拉致被害者のご家族の皆さまの高齢化は深刻であり、一刻の猶予もありません。拉致被害者を取り戻すまで私たちは絶対に諦めない。この思いを市民の皆様と共有し、共に声をあげ続けていきましょう。

令和3年6月5日 
 新潟市長 中原 八一

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

危機管理防災局 防災課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館3階)
電話:025-226-1143 FAX:025-224-0768

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る