浄水場等における放射線量の測定結果

最終更新日:2024年6月5日

水道局では浄水場等の敷地境界の放射線量を定期的に測定しています。

最新の測定結果

これまでの測定結果

浄水場等における放射線量の測定について一部を除き終了しました

水道局では、2011年3月に発生した福島第一原発事故の影響により、放射性物質を含む浄水汚泥(放射能濃度が8,000Bq/kgを超える指定廃棄物)を保管してきた阿賀野川浄水場及び満願寺浄水場では、敷地境界での放射線量測定を実施してきました。 
このうち、満願寺浄水場では、濃度の再測定を行った結果、8,000Bq/kg以下に減衰していたことから、2022年9月に保管していた浄水汚泥を全量処分しました。
また、他の浄水場同様、現在発生する浄水汚泥の放射能濃度は、国の安全基準(100Bq/kg以下)を安定かつ継続して下回っているため、2023年3月31日(第257報)をもって、敷地境界での放射線量測定を終了しました。
なお、阿賀野川浄水場では、8,000Bq/kgを超える浄水汚泥の保管が継続することから、安全確認のため、引き続き敷地境界での放射線量を測定しています。

これまでの測定施設

測定施設の一部終了(2023年4月) 第258報以降
測定終了施設:満願寺浄水場

測定施設の一部終了(2020年4月) 第222報以降
測定終了施設:青山浄水場、信濃川浄水場、信濃川取水場、戸頭浄水場、巻浄水場

測定施設の追加(2012年6月) 第19報~第221報
浄水汚泥保管施設の追加:信濃川取水場

測定開始時(2011年10月)  第1報~第18報
2011年3月の福島第一原発事故による放射性物質を含む浄水汚泥を保管している施設について測定開始。
測定開始施設:青山浄水場、信濃川浄水場、戸頭浄水場、巻浄水場、阿賀野川浄水場、満願寺浄水場

お問い合わせ先

水道局 浄水課
電話:0120-411-002(お客さま専用フリーダイヤル)
(フリーダイヤルをご利用できない場合は 電話:025-266-9311)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC

このページの作成担当

水道局 浄水課

〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-234-1324

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    サブナビゲーションここまで