このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

国民健康保険料の計算例(年金受給者の場合)

最終更新日:2021年4月1日

年金受給者の国民健康保険料の計算例(令和3年度)

世帯の構成

年齢

収入の
種類

収入額
(2年中の収入額)

所得額
(収入額から公的年金控
除額を引いた額)

賦課基準額
(所得額から基礎控除43
万円を引いた額)

世帯主Aさん 63歳 年金 2,500,000円

1,600,000円

1,170,000円
妻Bさん 67歳 年金 603,800円 0円 0円
年間の保険料

医療分保険料の
算出方法

支援分保険料の
算出方法

介護分保険料の
算出方法

(1) 所得割

1,170,000円×7.6%=
88,920円

1,170,000円×3.1%=
36,270円

1,170,000円×2.5%=
29,250円

(2) 均等割

17,700円×2人=
35,400円

7,200円×2人=
14,400円

14,100円×1人=
14,100円

(3) 平等割 22,200円 9,000円

保険料合計
(1)+(2)+(3)

146,500円 59,600円 43,300円

(注釈) 保険料合計は100円未満切捨て

Aさんの世帯の年間保険料

146,500円(医療分保険料)+59,600円(支援分保険料)+43,300円(介護分保険料)=249,400になります。

公的年金控除額の算出方法(公的年金等に係る雑所得以外の合計所得金額が1,000万円以下の場合)

65歳以上(昭31.1.1.以前生まれ)
年金収入額 公的年金控除額
330万円未満 1,100,000
330万円以上、410万円未満 年金収入額×25%+275,000円
410万円以上、770万円未満 年金収入額×15%+685,000円
770万円以上、1,000万円未満 年金収入額×5%+1,455,000円
1,000万円以上 1,955,000円
65歳未満(昭31.1.2以降生まれ)
年金収入額 公的年金控除額
130万円未満 600,000円

130万円以上、410万円未満

年金収入額×25%+275,000円
410万円以上、770万円未満 年金収入額×15%+685,000円
770万円以上、1,000万円未満 年金収入額×5%+1,455,000円
1000万円以上 1,955,000円

年金以外にも収入がある場合

それぞれの収入額から所得額を計算し、合算したものから、基礎控除43万円を引いた額が賦課基準額となります。

このページの作成担当

福祉部 保険年金課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館地下1階)
電話:025-226-1073 FAX:025-226-4008

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

計算のしかた

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る