このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

文化財保護と調査の歩み

最終更新日:2014年4月1日

 昭和47年(1972)に施行された「新潟市文化財保護条例」では、その目的を「新潟市の区域内に所在する文化財を保存し、かつその活用を図り、もって市民の郷土に対する認識を深め、文化の向上に資すること」と述べています。
 文化財は長い歴史のなかで生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な財産です。文化財を未来へ守り伝え、文化を発展させていくためには保存と活用が必要です。そのために新潟市では文化財の調査、指定、公開などを行っています。
 文化財調査については、さまざまな分野について、昭和48年(1973)から継続して行っています。新潟市文化財の指定については、新潟市文化財保護審議会への諮問、答申を経て新潟市教育委員会が行います。文化財の公開については新潟市歴史博物館(みなとぴあ)などの常設の施設で市指定文化財を公開しているほか、特別展等でも公開するように努めています。この他にも文化財センターでは遺跡の保存、保護のための調査が行われています。発掘された遺跡については、現地説明会を実施しています。
 また市指定文化財に限らず、国、県の指定文化財、登録文化財の現状を把握するために文化財パトロールを定期的に実施しています。

新潟市の文化財調査の内容(昭和48年から現在まで)

有形文化財

形のある文化財のことです。建造物と美術工芸品からなります。

建造物

  • 寺社、民家、その他歴史的建造物(建築後おおむね50年以上を経過したもの)の調査

美術工芸品

  • 新潟市ゆかりの画家の作品、寺院の仏像・仏画・古文書等の調査

無形文化財

演劇・音楽・芸能や工芸技術など、人間のもつ「わざ」のことです。

  • 新潟漆器(竹塗)の調査、日本舞踊市山流調査

民俗文化財

私たちの生活文化の変遷を物語る有形・無形のもののことです。

有形民俗文化財

  • 神社の奉納物(船絵馬、しめ縄、石造物)、赤塚の民具調査、黒埼の水倉調査

無形民俗文化財

  • 民謡、木遣、口説、太々神楽等の調査

記念物

遺跡・名勝地・動植物・地質鉱物などのことです。

  • 市内遺跡の発掘調査、佐潟のオニバス調査

関連リンク

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る