このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

渟足柵ってなに?

最終更新日:2012年7月15日

渟足柵(ぬたりのき)想像CG

7世紀ごろまで、大和朝廷の支配が及ばない日本の北方に暮らす人々を蝦夷(えみし)と呼んでいました。渟足柵(ぬたりのき)はこうした蝦夷に備えた防衛施設であるとともに、都から遠く離れた地方を治める行政施設であったと考えられています。
このことは日本書紀に「大化三年(647年)渟足柵を造りて柵戸(きのへ)を置く」と記されており、歴史上、新潟に関する初めての記述とされていますが、このほかにその存在を示すものはなく、日本史上の大きな謎とされてきました。そんな中、平成2年(1990年)に長岡市の八幡林遺跡から「沼垂城」「養老」と記された木簡が見つかり、名前を変えながら養老年間(720年ごろ)に存在していたことを示唆する発見として、渟足柵の信ぴょう性が大きく増しました。
渟足柵の場所はいまだに分かっていませんが、新潟市歴史博物館の小林昌二館長(新潟大学名誉教授)は、その研究成果から、現在の東区内にあたる旧沼垂が最も有力と語っています。
もし東区で渟足柵が見つかれば、東区民・新潟市民の大きな誇りとなり、日本史を塗り替える大発見となります。

東区のどこにあったのか

新潟市歴史博物館の小林館長は、渟足柵が眠る有力地を2カ所を挙げています。

山の下・王瀬地区

  • 沼垂町の旧地であり、近くに柵を思わせる「木戸」の地名がある
  • 遺跡地には長者原、長者屋敷の名称がつく場合が多く、この地には王瀬長者や王五、王六の伝説がある
河渡地区
  • 「コウド(河渡)」は、「コウ(国府)」の渡しとも解釈できる

江戸時代の亨保15年(1730年)以前、阿賀野川は信濃川と河口を共有して海に注いでいました。旧沼垂、現在の山の下や河渡地区は、渟足柵があった可能性の高いといわれる、「阿賀野川右岸」にあたります。

問い合わせ

渟足柵探索プロジェクト実行委員会事務局(東区地域課内)
電話:025-250-2110
メールアドレス:chiiki.e@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

東区役所 地域課
〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号
電話:025-250-2130 FAX:025-271-8131

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

東区歴史浪漫プロジェクト

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号 電話 025-272-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る