個人市民税の豆知識

最終更新日:2012年6月1日

住民税と所得税の相違点

主な相違点一覧
区分 住民税 所得税
課税される所得 前年の所得に対して課税されます。 現年の所得に対して課税されます。
均等割 均等割の制度があります。 ありません。
申告範囲 原則として、すべての所得を申請する必要があります。 申請しないことができる場合があります。(給与所得者で給与所得以外の所得が20万以下の場合など)
税率 市民税:8%(一律)
県民税:2%(一律)
=合計10%(一律)
5%、10%、20%、23%、33%、40%、45%(7段階)
所得控除 生命保険料控除、地震保険料控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除の各所得控除額が異なります。
税額控除 配当控除の控除率が異なります。住宅ローン控除の対象者及び控除金額が異なります。外国税額控除は所得税の控除が優先されます。
住民税には寄附金税額控除がありますが、政党等寄附金特別控除はありません。
納税方法(サラリーマンの場合) 毎年6月から翌年5月までの毎月の給料から特別徴収されます。 毎年1月から12月の毎月の給料のほかボーナスからも源泉徴収されます。
年末調整はありません。 年末調整で年税額を清算します。

このページの作成担当

市税事務所 市民税課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル3階)

電話:025-226-2243

FAX:025-223-4958

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

固定資産税・都市計画税の豆知識

その他の市税の豆知識

鉱産税

入湯税

市たばこ税

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ