消防車の紹介

最終更新日:2020年3月16日

東消防署

指揮隊車の写真 ポンプ付指揮隊車

指揮隊車は災害活動の現場で指揮をとる「中隊長」「指揮隊」が塔乗する車両で、作戦図板や折り畳み式テーブル、画像伝送カメラ、風向風速計など指揮活動に用いる資機材を搭載しているほか、A-2ポンプを搭載しています。

高規格救急車の写真 高規格救急車

平成28年から運用している救急車です。車内のスペースが拡大されスムーズな活動ができます。救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載し、振動の緩衝装置の付いた防振架台等を装備しています。

救助工作車の写真 救助工作車(3型)

地震等の大災害における救助活動を迅速に行うことを目的に導入された車両で、エンジンカッターや油圧ジャッキ等の従来の救助資機材に加え、超高圧噴霧消火装置や画像探索機等の高度救助資機材を積載しています。

はしご車の写真 はしご付消防ポンプ自動車

40メートル級のはしご車で、高層建築物火災、河川等低地からの救出等多様な活動ができます。

資機材搬送車の写真 資機材搬送車

この車両は、各種災害に対し、大量の消防活動資機材を搬送することを目的としています。

照明車の写真 津波・大規模風水害対策車

津波や大規模な風水害による冠水地域の人命救助に対応するため、水陸両用バギー等の救助資機材を積載した特殊車両であり、緊急消防援助隊車両としても全国各地に広域応援出動します。

山の下出張所

化学車の写真 化学車

水では消火が難しい危険物火災等が発生した場合、積載している薬剤500リットルと水1300リットルを混合して泡を作成し、効果的な消火活動を行うことができます。

ポンプ車の写真 CAFS付 消防ポンプ自動車

CAFS(圧縮空気泡消火装置)とは消火用の水に圧縮空気と消火原液を混ぜて発砲させる装置であり少量の水で高い消火性能を有します。水による消火に比べ、泡が定着するため消火力が高く、また泡を使用するため水よりも軽量であり、消火活動による水損被害を抑えることができます。

泡原液搬送車の写真 泡原液搬送車

4,000リットルの水槽が積載してあり、石油コンビナート火災等に対応するための薬液(泡原液)を搬送し、現場で化学車へ送水します。普段はタンクに水が積載してあり、普通火災に対応しています。

高規格救急車の写真 高規格救急車

平成25年から運用をしている救急車です。車内のスペースが拡大されスムーズな活動ができます。救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載し、振動の緩衝装置の付いた防振架台等を装備しています。
整備費用の一部には、一般財団法人空港環境整備協会からの空港周辺環境整備助成金が充てられています。

空港前出張所

化学車の写真 化学車

航空機火災等に対応するため、薬剤と水が積んであり、混合して泡を使って危険物火災に対応します。

タンク車の写真 タンク車

現場到着時、すぐに放水をするために水槽があり、常に2,000リットルの水を積載しています。

大形出張所

タンク車の写真 タンク車

ポンプ車に2000リットルのタンクを装備したもので火災現場到着直後は消火栓に頼ることなく消火体制をとることができます。ほかにもホースカーやはしご等を様々な資機材を積載しています。

高規格救急車車の写真 高規格救急車

平成28年から運用している救急車です。車内のスペースが拡大されスムーズな活動ができます。救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載し、振動の緩衝装置の付いた防振架台等を装備しています。

 新潟市東消防署
〒950-0871 新潟市東区山木戸1丁目1番20号

 電話:025-275-9111(代表)
FAX:025-270-0119
地域防災課 E-mail:chiiki.efs@city.niigata.lg.jp
市民安全課 E-mail:anzen.efs@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

消防局 東消防署

〒950-0871 新潟市東区山木戸1丁目1番20号

電話:025-275-9111

FAX:025-270-0119

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ