セルフのガソリンスタンドで給油する際の注意点について

最終更新日:2017年6月9日

 セルフスタンド(ドライバーが自ら給油を行うセルフサービス式の給油取扱所)には、各種安全装置が設けられているとともに、従業員(監視員)による安全確認も行われていますが、より安全に給油していただくため、次の事項にご注意ください。

(1) 車の窓やドアを閉めるとともに、エンジンを停止する。
(2) 給油前には必ず「静電気除去シート」などに触れ、体にたまっている静電気を除去してから、給油キャップを開ける。
(3) 給油中にライターやタバコなどの火気を使用しない。
(4) 給油中にその場を離れない。また、子供が近づかないように注意する。
(5) 給油中は携帯電話を使用しない。
(6) 給油ノズルを給油口の奥まで差し込み、自動に給油が止まったら、それ以上の給油はしない。また、給油口の浅いスクーターなど奥まで給油ノズルが入らない車種は、あふれたりしないように少しずつゆっくり給油する。
(7) 給油後、給油ノズルを計量機に戻すときは、給油レバーを握らない。
(8) その他、セルフスタンド内に掲示されている注意事項を守る。

 ガソリンはマイナス40℃という低温でも気化しやすく、非常に引火性の高い物質で、気化したガソリンは空気より重く、地面周辺やくぼみなどに溜まり、ライターなどの火のほかに、静電気や衝撃の火花、離れたところにある火源によって引火する可能性もあります。
 セルフスタンドを利用する方は、注意事項を参考に安全で適切な給油をお願いします。

火気厳禁、給油中エンジン停止などの注意書きの画像

給油中は窓を閉め、エンジンを停止するなどの注意のためのイラスト

このページの作成担当

消防局 危険物保安課

〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1

電話:025-288-3240

FAX:025-288-3215

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ