区の歴史

最終更新日:2017年4月19日

平成19年4月1日、新潟市の政令指定都市移行に伴い中央区が誕生しました。
日本一の大河・信濃川の河口に位置するこの地域は、古くからみなとまちとして栄えてきた所です。
江戸時代には北前船の寄港地として、また安政5年(1858年)には、米英蘭仏露との修好通商条約による開港5港のひとつとなって、港の発展とともに新潟のまちも大きくなりました。明治に入って県都となり、名実ともに県下最大の都市となりました。
時代は変わり、平成14年には、2002FIFAワールドカップの開催会場のひとつになったり、平成20年の主要首脳会議(G8サミット)の労働大臣会合の開催地になったりするなど、本州日本海側初の政令指定都市として、そのステージを国際的なものに広げつつあります。
平成17年3月21日の市町村合併を経て新潟市の市域は拡大しましたが、みなとまちとして栄えてきた旧新潟市の中心であるこの地域にとって、新潟市の歴史は中央区の歴史そのものと言えます。

中央区の航空写真

関連リンク

このページの作成担当

中央区役所 地域課

〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地(NEXT21 5階)

電話:025-223-7035

FAX:025-223-3660

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

区のイメージカラー

区の概要

歳時記

平成29年度会議資料

平成30年度会議資料

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ