区ビジョン基本方針

最終更新日:2015年4月1日

にいがた未来ビジョン(新潟市総合計画)の一部として策定し、区の将来像や目指す区のすがたを示します。

区の将来像

花と緑に囲まれた、笑顔咲きそろう、にぎわいのあるまち

目指す区のすがた

うるおいとやすらぎのあるまち

  • 緑豊かな里山秋葉丘陵と信濃川や阿賀野川、新津川、能代川はやすらぎと潤いをもたらし、これらの恵まれた自然環境を次世代に引き継ぐべき貴重な財産として、保全と活用に努め、人と自然が調和した美しい景観のまちを目指します。
  • 環境に配慮したライフスタイルへの転換を市民協働で取り組み、低炭素型・循環型・自然共生型社会の実現を目指します。

楽しく元気なまちなかとやさしさのあるまち

  • 産学官、地域が連携した、活気あふれる、楽しく、元気なまちなかを目指します。
  • 地域との協働による、持続可能なまちづくりのための強固な土台づくりに努め、安心・安全なまちを目指します。
  • みんなが支え合い、健康でいきいきと暮らせる、やさしさのあるまちを目指します。
  • 「森育」「花育」「食育」など、秋葉区の特色を活かしながら、魅力ある子育て・教育環境が整った、次世代を育むまちを目指します。

歴史と個性を活かすまち

  • 里山や鉄道、石油、花き・花木、町屋など、秋葉区固有の歴史ある文化や宝物を内外へ積極的に情報発信し、地域とともに、個性を活かした交流のあるまちを目指します。
  • 秋葉区固有の文化の継承と創造による文化活動の振興と、スポーツを通した健康で豊かなスポーツ活動の振興に努め、文化とスポーツの拠点のまちを目指します。

花のまち・食のまち・育てるまち

  • 全国屈指の花き・花木の園芸産地としての拠点性を一層高めながら、優良農地を活用し、環境に優しい安心・安全な農作物の供給を目指します。
  • 新潟薬科大学、商店街などと連携した食品産業の振興を図り、ニューフードバレーの推進につながる食によるまちづくりを目指します。

生み出し活かすまち

  • これまで培われてきた産業を育成するとともに、バイオ技術に関する学術・研究の拠点化と、産学官、地域が連携して新たな可能性を発信するまちを目指します。

関連リンク

このページの作成担当

秋葉区役所 地域総務課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5673

FAX:0250-22-0228

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ