このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

その他のまちづくりの手法

最終更新日:2012年6月1日

みなさんが検討された「まちのイメージ」を、まちづくりとして実践していくためには、地区計画以外にもいくつかの手法や制度が用意されています。

みなさんが検討された具体的な「まちのイメージ」は、市で用意しているどんな制度に馴染むのか。
もしくは自主的なルールとして、市に協力を依頼するのか。このあたりの検討が必要になります。

建築協定

建築協定で決められること

  1. 建物の用途
  2. 建物の規模(建ぺい率、容積率)
  3. 建物の高さ
  4. 道路や敷地境界からの外壁の後退距離
  5. 敷地の面積
  6. 建物の色やデザイン
  7. 垣またはさくの構造
  8. 建物につける看板のデザイン など

低層住居地でのルールの例 イラスト
~みんなで守ります~

  • 地域の方全員が合意し、市長が認可します。
  • ルールは地元組織(運営委員会等)で守っていきます。
  • 建築協定の有効期限は任意に定められます。

まちづくり協定

法律、条例等に基づく制度によらず、住民どうしの申し合わせによって定める紳士協定です。住民側の意思はもっとも反映されますが、運営についての積極性も同時に問われます。作成過程から、運営委員会に至るまで、市も参加要請があればまちづくりに協力します。

都市景観形成地区

新潟市では、優れた都市景観をまもり、そだて、つくりだすため、平成4年に新潟市都市景観条例を制定しました。その中で、都市景観の形成を図るために、必要があると認められる地区を「都市景観形成地区」として指定します。現在、「二葉町1丁目1区地区」を指定しています。

緑地協定

緑地協定とは、健康で文化的な住宅地の生活環境を確保するため、住民全員の合意のもとに、樹木の種類や植栽場所などのルールをつくり、区域内における緑地の適正な保全と緑化の推進を図るものです。緑地協定を締結された場合、その地区に対し、樹木の無料配付などを行っています。

このページの作成担当

都市政策部 都市計画課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館4階)
電話:025-226-2675 FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

みんなでつくろう!まちのルール~住民発意の地区計画~

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る