このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

名誉市民

更新日:2014年8月1日

昭和26年3月21日に名誉市民の称号を受けた方々(50音順)

名誉市民-合併した市町村の名誉市町村民

會津 八一 (あいづ やいち)

あいず やいちさんの写真
明治14年8月1日生 昭和31年11月21日没

昭和21年より新潟市に居住し、「夕刊にいがた」社の社長を経て新潟日報社社賓として社会文化面に貢献しました。 早稲田大学教授時代、同大学内に東洋美術史標本陳列所 を創設し、また、奈良美術研究会会長をつとめるなど、美術史ことに 奈良美術に関する国内の権威として重きをなし、その深い造けいは顕著な足跡を学会に残しました。また書家・歌人としても知られ、 美術史に関する著書とともに 高く評価されています。

名誉市民 會津八一

荻野 久作 (おぎの きゅうさく)

おぎの きゅうさくさんの写真
明治15年3月25日生 昭和50年1月1日没

明治42年東京帝国大学医学部卒業後、同校産婦人科教室で研究を続け、明治45年竹山病院産婦人科医長に就任。 臨床のかたわら産婦人科の研究を続けました。
氏の研究は婦人の受胎に関するものが多く、50編を超える論文を記述しました。
なかでも排卵期と受胎期に関する研究は画期的学説として著名であり、日本医学界の至宝ともいわれています。

澤田 敬義 (さわだ けいぎ)

さわだ けいぎさんの写真
明治6年12月3日生 昭和27年2月7日没

明治43年新潟医学専門学校創立とともに同校教授、内科医長として大学昇格に尽くしました。 大正14年に新潟医科大学長に任ぜられ、昭和9年退官まで20 数年間医学界に尽くした事績は顕著で、ことに恙虫(つつがむし)病 や本県地方病に関する研究は学会に重きをなしています。優れた人格と学識経験は学生を訓育し、優れた人材を輩出しました。

このページの作成担当

秘書課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館3階)
電話:025-226-2043 FAX:025-222-0820

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る