このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

固定資産評価審査委員会に対する審査申出

最終更新日:2022年4月1日

固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)について不服がある場合には、固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の公示の日から、納税通知書の交付を受けた日後3か月までの間に、固定資産評価審査委員会(以下「審査委員会」といいます。)に審査の申出をすることができます。

(注)価格(評価額)以外の不服は、審査申出ができません。審査請求により申し立てることになります。

審査申出ができる人

固定資産税の納税者またはその代理人です。

審査申出ができる事項

 固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)に限られます。

 注記:土地・家屋については、基準年度(3年ごとの評価替えの年度)の価格が原則として3年間据え置かれるため、基準年度以外の年度で審査の申出ができるのは、家屋の新増築や地目の変換があった場合等に限られます。
 (令和4年度は基準年度以外の年度です。次の基準年度は令和6年度です。)

 注記:土地については、価格が上昇した土地であっても税額を据え置く特別な措置が令和3年度に講じられたことに伴い、当該特別な措置の適用対象となった土地に係る令和3年度の価格について、令和4年4月1日から令和3年度の納税通知書の交付を受けた日後15か月を経過する日までの間においても審査の申出をすることができます。

審査委員会の審査決定について不服がある場合

審査決定書を受け取った日の翌日から起算して6か月以内に、市を被告(市を代表する者は、審査委員会)として、裁判所に対して審査決定の取消しの訴えを提起することができます。

(注)価格(評価額)に対する不服については、直接裁判所に訴えることはできないこととされており、審査の申出にかかる審査委員会の決定に対してのみ、その取消しの訴えを提起できます。

固定資産評価審査委員会とは

市民、市税の納税義務がある者、学識経験者の中から、市議会の同意を得て市長が選任した3人の審査委員で構成され、審査申出のあった価格(評価額)について公正に審査する中立の行政委員会です。

固定資産審査申出書ダウンロード用(PDF・Word)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

財務部 税制課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル3階)
電話:025-226-1502 FAX:025-223-3665

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市税について不服があるとき

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る