このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針の一部改正について(加湿器の衛生措置の追加)

最終更新日:2018年9月25日

「レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針」(平成15年厚生労働省告示第264号)は、感染症の予防の総合的な推進を図るための基本的な指針(平成11年厚生省告示第115号)に基づき、レジオネラ症の感染源となる設備において講ずべき衛生上の措置を示し、レジオネラ症を予防することを目的として定められた指針です。

改正内容

高齢者施設において、加湿器内の汚染水のエアロゾルを吸入したこと等が原因とされるレジオネラ症の感染事例があったことから、加湿器の衛生上の措置が追加されました。

加湿装置(建築物の空調和設備に組み込まれているもの)の場合の留意事項

1 加湿方式に応じた水処理装置を設置し、点検や清掃を容易に行うことができる構造とする。
2 水道法第4条の水質基準に適合した水を加湿装置に供給する。
3 使用開始時及び使用期間中は1か月に1回以上加湿装置の汚れを点検し、必要に応じ加湿装置の清掃等を実施し、1年に1回以上清掃を実施する。
4 使用開始時及び使用終了時に水抜き及び清掃を行う。

家庭等で使用される卓上用や床置き式の加湿器の場合の留意事項

1 清掃しやすい構造のものを選ぶ
2 タンクの水は毎日完全に換え、タンク内を清掃する

問合せ先

環境衛生課環境衛生係 
電話:025-212-8266

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所環境衛生課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター3階)
墓地・斎場に関すること 電話:025-212-8263
環境衛生営業に関すること 電話:025-212-8266
衛生害虫に関すること 電話:025-212-8269
FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

レジオネラ症防止対策

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る