このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

家電リサイクル法

最終更新日:2020年4月1日

 家電リサイクル法により、排出者(消費者・事業者)には、使い終えた特定家電を適切にリサイクルする義務があります。法律で定められた方法で適切に処理しましょう。家電リサイクル対象品目は、市でごみとして収集、処分することはできません。

家電リサイクル法対象品目

エアコン・テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機
注)テレビの中で、液晶式の携帯テレビ、カーテレビ、及び浴室テレビ等は対象外。
注)主に業務用として製造・販売されているものを家庭用として使用していても対象外。

家電リサイクル法対象品目イラスト

処分方法

販売店に引き取ってもらう

「販売店が引き取ること」は、「買い替えの場合」と「以前販売した場合」に、引き取り義務があるとされています。
注)引き取り義務がある場合でも、リサイクル料金は必要になります。また、場合によっては運搬料金も必要になります。

引き取り場所に、自分で直接持ち込む

(1)処分するもののメーカー名を確認する。

  • テレビは、画面サイズ(15型以下か、16型以上か)も確認してください。
  • 冷蔵庫・冷凍庫は、内容積(170リットル以下か、171リットル以上か)も確認してください。

(2)郵便局で、リサイクル料金を支払い(振込み)、「家電リサイクル券」を入手する。

  • 振込には、リサイクル料金の他に、別途、振込手数料が必要です。
  • 「リサイクル料金」、「郵便局での取り扱い」については次をご覧ください。


(3)引き取り場所に持ち込む

  • 市内2か所のいずれかの引き取り場所に、処分するものと家電リサイクル券を、直接持ち込んでください。
  • 家電リサイクル券は、処分するものに貼らずに、一緒に持ち込んでください。

株式会社豊和商事 新潟支店

住所:中央区美咲町2丁目2-63
電話:025-284-0131
受付時間:月曜から土曜(一部土曜、祝休日は休み)
午前8時から午前11時45分、午後1時から午後4時45分

日本通運株式会社 新潟物流事業所

住所:中央区万代3丁目5-26
電話:025-244-9121
受付時間:月曜から土曜(一部土曜、祝休日は休み)
午前9時から正午、午後1時から午後4時30分

自分で持ち込めないとき

(1)処分するもののメーカー名を確認する。

  • テレビは、画面サイズ(15型以下か、16型以上か)も確認してください。
  • 冷蔵庫・冷凍庫は、内容積(170リットル以下か、171リットル以上か)も確認してください。

(2)郵便局で、リサイクル料金を支払い(振込み)、「家電リサイクル券」を入手する。

  • 振込には、リサイクル料金の他に、別途、振込手数料が必要です。
  • 「リサイクル料金」、「郵便局での取り扱い」については次をご覧ください。


(3)ごみの収集運搬許可業者に運搬を依頼します。

  • 家電リサイクル券は貼らずに、ごみの収集運搬許可業者に渡してください。
  • 運搬には運搬料金がかかります。詳しくはごみの収集運搬許可業者にご確認ください。
  • ごみの収集運搬許可業者はこちらをご覧ください。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市で収集しないごみ

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る