このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

サイチョのごみ分別アプリ

更新日:2017年4月25日

 ごみを出すとき、「このごみは何ごみ?」「いつ出すごみ?」と迷ったことはありませんか。
 そんな時に役立つ情報をスマートフォンなどの携帯端末から確認できるのが「サイチョのごみ分別アプリ」です。
 ごみに関する情報を手軽に調べることができます。
 日頃のごみ出し時にぜひご活用ください。

アプリに関するお知らせ

平成29年度ごみ収集カレンダーが表示されない場合の対応について

 アプリ更新(アップデート)後に、ごみ収集カレンダーが表示されない場合は、一旦アプリを終了し、端末を再起動してください。

  • アプリのアップデートを行っていない場合は、AppStore(iPhoneをお使いの方)、Google play(Androidをお使いの方)から、アプリのアップデートを行ってください。
  • アプリ内の「設定」タブの下段に、アプリの再起動に関するFAQを掲載しました(平成28年12月公開)。

Androidのタブレット端末(一部機種を除く)に対応しています

Androidのタブレット端末(一部機種を除く)でも利用することができます。

  • 動作確認を行った機種をGoogle playに掲載しています。
  • アプリのアップデートを行っていない場合は、AppStore(iPhoneをお使いの方)、Google play(Androidをお使いの方)から、アプリのアップデートを行ってください。

アプリの画像


ホーム画面


ごみ収集カレンダー表示画面


資源物回収拠点地図画面

アプリの主な機能

ごみ分別検索機能

出したいごみの名称を入力すると、ごみの分別区分を確認できます。

ごみ収集カレンダー表示機能(ごみ出し日のお知らせアラーム機能付)

住所やごみカレンダー番号を設定すると、お住まい地区のごみ収集カレンダーが表示され、収集日を確認できます。
また、ごみ出し日をお知らせするアラームをごみの種類ごとに設定できます。

※アプリをダウンロード後の初期設定として、お住いの地区のごみ収集カレンダー番号を設定してください。

ごみの分け方・出し方解説機能

ごみや資源の出し方・分け方を確認できます。

資源物回収拠点検索機能

資源物(ペットボトル、乾電池、古紙類、古布・古着、使用済小型家電、乾燥生ごみ、廃天ぷら油)の拠点回収を行っている施設を地図上で確認することができます。

アプリの入手方法

iPhoneをお使いの方はAppStoreから、Androidをお使いの方はGoogle playから、「新潟市 ごみ」と検索し、アプリをダウンロードしてください。


AppStore(iPhoneをお使いの方)

AppStore(iPhoneをお使いの方)


Google play(Androidをお使いの方)

Google play(Androidをお使いの方)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。AppStoreへ(iPhoneをお使いの方)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Google playへ(Androidをお使いの方)

サイチョのごみ分別アプリ パンフレット

パンフレットは、以下のリンクからダウンロードしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 廃棄物政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1387 FAX:025-230-0660

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る