このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

公共交通に関するご意見・ご要望をお受けしています

更新日:2017年5月24日

新潟市では、公共交通をより良くしていくために、皆さまから広くご意見・ご要望をお受けしています。

公共交通に関するご意見・ご要望をお受けしています

以下のリンク先の指示に従い、ご意見・ご要望を入力してください。
(新潟市電子申請サービス「かんたん申込み」へのリンクです。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ご意見・ご要望の入力はこちら

ご意見・ご要望

皆さまからいただいた主なご意見・ご要望を紹介します。
なお、個人情報及び誹謗中傷、サイトの趣旨を逸脱するような内容等が含まれる場合、公開しない又は一部を削除・修正の上で公開をしています。

ご意見・ご要望の主旨
鉄道

・JRは市内の単線区間を複線化すべき。
・上越新幹線について、停車駅をさらに絞ることで、新潟~東京のアクセスを改善してほしい。
・上越新幹線の車両について、早めにE2系に置き換えてほしい。
・空港アクセスには軌道系公共交通を整備すべき。
・空港アクセスには沿線や空港利用者以外の需要も取り込むことができる在来線を整備すべき。
・空港アクセスにはモノレールを整備すべき。
・東新潟駅構内のアナウンスについて、下り列車についても案内放送してほしい。
・上越新幹線の運行本数を時間帯別に配分よく増やしてほしい。
・上越新幹線の速達運行を時間帯別に配分よく増やしてほしい。
・上越新幹線の新潟6:56発「とき304号」について、本庄早稲田・熊谷は停車せずに通過してほしい。
・上越新幹線の運行本数をさらに増やしてほしい。
・上越新幹線の運行について、大宮以南は最高速度をさらに上げるべき。
・電車内における高校生のマナー向上を学校に呼びかけて欲しい。
 特に、後ろにかつぐタイプのカバン(リュック等)は、混雑時は前に抱えるか網棚を利用するよう呼びかけて欲しい。
・上越新幹線「とき」のうち浦佐に停車しない10往復について、上毛高原・本庄早稲田・熊谷を停車せずに通過してほしい。
・JR各線の列車本数をさらに増やしてほしい。
・新潟蒲原鉄道・新潟交通電車を復活させるべき。
・まちのさらなる発展のために、行政や事業者は様々な方法を検討して公共交通を整備するべき。
・JRグループが開催する「ディスティネーションキャンペーン」によってより多くの観光客を誘致するため、新潟県や新潟市は
 上越新幹線の改善を訴えていくべき。
・上越新幹線について、新型車両の導入が楽しみ。
・新潟空港へ軌道系公共交通を乗り入れる方法としては、在来線の延伸か臨港貨物線の活用を望む。
・大深度地下の活用によって、越後線の複線化や空港アクセスの改善、羽越線高速化を検討してはみてはどうか。
・新潟駅を出発して萬代橋・柾谷小路・東中通・西大通りを走る地下鉄・モノレール・LRTのいずれかがほしい。
・白根方面や松浜方面にも鉄軌道がほしい。
・上越新幹線について、新型車両の導入には賛成する。

バス

・西小針線の快速便の減便に対して寄せられた意見について、しっかりと耳を傾け改善してほしい。
・新潟市中心部以外においても、一部区間専用走行路を整備したBRT路線を整備してほしい。
・南部営業所が終点の長潟線は、亀田大通りを経由して亀田駅西口まで乗り入れてほしい。
・空港・松浜線の松浜以東へ運行する路線の本数を増やしてほしい。
・新潟交通のバス路線について、新潟市中心部以外の南北路線を整備してほしい。
・みなと循環線の新設は喜ばしいが、今後、まち割60の適用、更なる増便、反時計回りの運行も目指してほしい。
・西小針線の快速便の減便については、先に発表された回答のとおり、仕方ない判断だったと認めるしかないと考える。
・西小針線快速便の停車バス停一本化は無理なものと考える。
・空港・松浜線や有明線などの快速便復活を検討してはどうか。
・空港・松浜線の快速便の復活を希望する。
・軌道系交通機関を整備し、無人運転の電車を導入してほしい。
・河渡線と大形線津島屋行きの便を下山や松浜方面に乗り入れて、松浜線との乗り換えが可能となるようにしてほしい。
・シニア半わりだけでなく、タクシー運賃の半額補助についても検討してほしい。
・太郎代浜、医療福祉大学行きの運行本数を増便し、かつ聖籠町まで延伸してほしい。
・バス料金が少し高いので、市内均一区間を拡大したり初乗り運賃を100円に設定したりしてほしい。
・新発田市方面へ運行する路線バスについて、もっと運行本数を確保してほしい。
・旧113号線の松浜二丁目交差点のバス専用信号について、青信号の点灯時間が短いために運転手が焦って運転するバスと
 横断者との接触が起きそうな場面に度々出くわしている。このような状況は危険であるので改善してほしい。
・一部の快速便について、各停の車両を追い抜かない運転や、急ブレーキや急発進が繰り返されることが多い運転が見られる。
・快速便は西小針線や萬代橋ライン、大野・白根線だけでなく、それ以外の路線にも必要だと考える。
・初乗り運賃が少し高いように感じる。
・新潟駅高架化後に首都圏と同様の発車メロディー、自動放送を導入してもらいたい。
・最近の西小針線快速便について遅延運行が目立っている。
・松浜地区は交通が不便なように感じるが、バス路線が充実していれば住み続けたくなる。今後もバスや軌道系新交通システムを
 整備して地域の維持・発展に取り組んでほしい。
・西小針線快速便は全便、中央区区間を快速、西区区間を各停という「区間快速」に統一してはどうか。
・萬代橋ラインの車内混雑を緩和するために、運行経路が萬代橋ラインと重複するような路線について、
 その重複区間においてはBRTバス停に停車することで、利用者が様々な路線に乗車できるようにするとよいと考える。
・W1W2系統の新潟駅前の降車場が帝石ビル前で困るという意見があるため、この件について、他のバス停で新潟駅構内入り
 する後続便に乗り換えるよう案内してはどうか。
・E2E3系統の新潟駅前降車場は帝石ビル前に位置しているが、E22のみ新潟駅構内に乗り入れ、それ以外はダイレクト便の
 ような運行形態にすればよいと考える。
・バス運転手には、もっと緊張感を持って運転するよう教育してほしい。
・高速バス新潟~会津若松線の停留所には乗車専用、降車専用のものがあるが、乗降り兼用にするなどしてもっと活用の幅を
 広げてほしい。
・BRT第2期開業についての方向性は早めに公表してほしい。
・市内の新規南北路線を開設して欲しい。

その他

・市は新規軌道系公共交通機関について本気で考えるべき。
・BRT専用走行路の設置について、白山通りのような片側1車線区間も存在することから、地下に通す方法も検討するべきと考える。
・新潟市中心部の主要施設を結ぶ路線、生活拠点を結ぶ路線を整備すべき。
・新潟市は地下鉄、モノレール、LRTなどの整備を検討すべき。
・黒埼方面から鳥屋野潟南部方面へ行くには信濃川がネックとなり不便である。この区間を結ぶ軌道系公共交通を新たに整備して
 ほしい。
・新潟駅からがんセンターへの直行便が無くなって困っているという方に対しては、越後線を使ってもらうようにPRすべき。

市からのコメント

 公共交通に対する様々なご意見をいただき、ありがとうございました。
 本サイトを含め、皆さまからお寄せいただいたご意見を参考にしながら、誰もが移動しやすい交通環境の実現に向けて、交通事業者や関係者と連携しながら、取り組んでまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

都市政策部 都市交通政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館4階)
電話:025-226-2723 FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る