このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟駅付近連続立体交差事業

最終更新日:2016年12月9日

新潟駅周辺整備事業の概要

新潟駅付近連続立体交差事業

 西誇線橋の新潟駅寄り付近から都市計画道路万代島ルート線(栗の木バイパス)までの約2.5キロメートルの区間を高架化し、新潟駅付近では、新幹線ホームと同じ高さとなります。
 新潟駅と在来線の越後線、信越線・白新線が高架化します。

連続立体交差事業範囲図

越後線の高架化工事の手順

 越後線の高架化工事は、電車を運行しながらの工事となるため、使用を停止した電留線を撤去した場所で高架橋(1期工事)[ステップ2]と仮設の線路を敷設し、その仮線で電車を運行しながら[ステップ3]、残りの高架橋の工事(2期工事)を行います。[ステップ4]
 平成30年度頃、越後線と電留線の高架線路を供用し、高架化が終了。仮線を撤去します。[ステップ5]
 平成30年度以降、側道と高架下の区画道路を整備し、高架下利用が可能となります。[ステップ6]

越後線高架化 ステップ図
越後線高架化 ステップ図

信越線・白新線の高架化工事の手順

 信越線・白新線の高架化工事は電車を運行しながらの工事となるため、在来線の北側に仮設の線路を敷設し[ステップ2]、その仮線で電車を運行しながら、高架橋の工事(1期工事)を行います。[ステップ3]
 この工事により、平成30年度頃に高架線路2線を供用します。[ステップ4]
 その後、仮線の一部を撤去した場所で、高架橋の工事(2期工事)を行い[ステップ5]、平成33年度頃に残りの高架線路2線を供用し、高架化が終了。仮線を撤去します。[ステップ6]
 平成33年度以降、仮線を撤去した場所に側道と、高架下に区画道路を整備し、高架下利用が可能となります。

信越線・白新線高架化 ステップ図
信越線・白新線高架化 ステップ図

新潟駅の高架化工事の手順

 新潟駅の高架化工事は、在来線を運行しながらの工事となるため、仮設のホーム(8・9番線)を整備・供用し、使用を停止した既設ホーム・線路などを撤去した場所で、高架化工事を行います。[ステップ1]
 この工事により、平成30年度頃に高架線路4線と新幹線と在来線の同一ホームを供用し、高架駅が開業します。[ステップ2]
 その後も工事を行い、平成33年度頃に高架線路1番線を供用し、高架駅が全面開業します。[ステップ3]
 平成33年度以降、仮設のホームなどの撤去や、万代広場・高架下交通広場などを整備します。

新潟駅高架化 ステップ図
新潟駅高架化 ステップ図

新潟駅付近イメージ図
新潟駅付近イメージ

在来線高架化イメージ図
在来線高架化イメージ

新幹線と在来線の同一乗り換えホームイメージ図

在来線高架化と側道イメージ図
在来線高架化と側道イメージ

関連リンク

このページの作成担当

都市政策部 新潟駅周辺整備事務所
〒950-0911 新潟市中央区笹口1丁目2-2 プラーカ2 (7階)
電話:025-245-1260 FAX:025-245-1259

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

連続立体交差事業

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る