このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

私立幼稚園等への入園について

最終更新日:2019年9月13日

入園申し込みは各園で受け付け

私立幼稚園や認定こども園の入園申込の受け付けは、毎年10月から各園で一斉に始まります。
入園申込の締め切りや必要な書類、入園者の決定方法などは、各園で異なります。事前に、希望する園へ直接お問い合わせください。
※公立幼稚園についても、私立と同様に希望する園へ直接お問い合わせください。

1号認定申請様式

以下の様式を入園する施設へ提出してください。
※入園申込の締め切りや必要な書類、入園者の決定方法などは、各園で異なります。事前に、希望する園へ直接お問い合わせください。

令和2年度入園用(令和2年4月~令和3年3月入園)

平成31年度入園用(平成31年4月~令和2年3月入園)

2号認定・3号認定を希望される場合は、以下のページをご覧ください。

保育料について(令和元年10月1日より、幼児教育・保育の無償化が始まります)

幼稚園、保育園、認定こども園等を利用する3歳児クラスから5歳児クラスの子ども、住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの子どもの利用料が無料となります。
※新制度未移行幼稚園については、月25,700円を上限に無料となります。(無償化の対象となるためには、自治体から認定を受ける必要がありますので、入所施設経由で区役所健康福祉課に申請してください。)

詳細は、「幼児教育・保育の無償化について」のページをご参照ください。

注意事項

・保育料は、児童と生計を同一にする父母及び祖父母等(家計の主宰者である場合に限ります。)の市民税額(4月から8月は前の年度分、9月から3月は当該年度分)の合計額によって決定します。なお、父母の合計所得が、祖父または祖母等の所得より多いか、基準所得(父、母、子の合計人数)以上ある場合は、父母の市民税額のみで算定します。

・未婚のひとり親世帯については、申請により婚姻の有無に関わらず寡婦(夫)控除の上乗せ部分があるものとして計算します。

・住宅借入金等特別控除などの税額控除があっても、利用料は控除前の市民税額により算定されます。

・利用料の算定や家族状況の把握のため、担当課で住民基本台帳、課税・福祉(生活保護・住宅障がい者状況)データ等を閲覧いたします。承諾されない場合は、教育・保育給付認定の審査ができないため、あらかじめご了承ください。
 なお、所得がない場合であっても、所得申告を行わないと課税データが確認できないため、教育・保育給付認定の審査ができない場合があります(他の世帯員の税情報により、配偶者控除や扶養控除確認できる場合を除く)。

新潟市認可教育・保育施設等一覧

「保育園・幼稚園など 入園の申し込み」ページにてご確認ください。

関連リンク

子ども・子育て支援新制度に関するページです。

幼稚園の一覧ページです。

認定こども園の一覧ページです。

市立幼稚園の一覧ページです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 保育課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1225 FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る